軽自動車の値引き交渉の限度額はどれくらい?5つの交渉術とは

誰しも車を購入する時には、
値引き交渉をして
少しでも安く買いたいと思うものです。

しかし
軽自動車の場合、もともと車体価格が安い
こともあって、

普通自動車の値引き額と比べると、
思ったほど値引きしてくれない
ことが多いようです。

ではなぜ

  • 軽自動車は値引き額が小さいのか?
  • 相場はどれくらいなのか?
  • 値引き額を上げる交渉術はあるのか?

という点について紹介します。

軽自動車の値引き交渉の限度額の相場はどれくらい?

賢く購入するためには、
軽自動車の値引きの限界額を
知ることも大切です。

軽自動車の場合、車体価格の約70%を
製造や流通コストで占めています。

たとえば、販売価格が100万円だとすれば
70%の70万円がコスト(原価)
ということになります。

30万円の利益が出ることになりますが、
メーカーと販売店はこの30万円を
折半して分け合うことになり、
お店の利益は実質15万円になります。

さらに車体価格の10%の値引きするとしたら、
-10万円ですから販売店の利益は5万円
しか残らないことになります。

ここから販売店の
人件費などのコストをひくわけですから、
いかにギリギリであるかがわかると思います。

実際に、手数料や整備費用などで
利益を補えますが、
それでも基本的に
軽自動車の販売は薄利多売なのです。

結論として、
軽自動車の値引きの限界額は、
車体価格の10%くらい
が限界だと言えるしょう。

 軽自動車の値引きをしてもらうための5つの交渉術!


軽自動車の値引き交渉をするときに、
ただ闇雲に値引きを要求しても、
かえって逆効果となり、
賢い方法とは言えません。

より大きな値引き額を引き出すためには、
次に紹介する5つの交渉術を、
しっかり押さえておきましょう。

1.ライバル車種の見積もりを取る

軽自動車の値引き額を大きくする
テクニックの1つに、
競合車・姉妹車を競わせる
という方法があります。

ある車種が気に入った場合に、
他のメーカーにも同じような
コンセプトをもった車種が存在します。
これを引き合いに出すことで
値引き交渉を有利に進めることができます。

メーカーにこだわりがなければ、
OEM車なら基本的に同じ車なので、
なおさら具体的な交渉ができると思います。

 2.販売店(ディーラー)で比較する

購入しようとする車種が決まった場合には、
違うディーラーと比較する
という方法があります。

同じメーカーの車を扱うディーラーでも、
複数の販売会社が存在しますので、
ディーラーが違えば
見積もりの金額は異なってきます。

 3.「下取り車なし」で見積もりを取る

車を買い替えるときには必ず、
現在乗っている車を
下取りに出すかどうか
を聞かれますが、
とりあえずは「下取りなし」
と答えておきましょう。

実は、ディーラーの下取りはとても安い上に、
下取り車の査定額を下げて値引きを多く見せる
「値引き充当」をされる可能性があるのです。

また、車を売るなら、
ディーラーよりも車買取専門店のほうが、
高く買い取ってくれることが多い
ので、
そちらから先に見積もりも取っておくのもよいでしょう。

 4.購入時期を見極める

軽自動車にも買い時というものがあります。

今すぐ購入したいとはやる気持ちを抑えて、
安く購入できる時期を狙いましょう。

1~3月

1月から、初売りセールが開始され、
3月の決算に向けて
ラストスパートをかけてくるので、

なるべくお得に買いたいなら
この時期を狙うのがベストでしょう。

8~9月

9月には自動車メーカーおよびディーラーが
中間決算を迎えます。

お盆明けくらいから決算セールをしているので、
この時期に値引きを狙っていきましょう。

7月と12月

ボーナスの時期はかなり狙い目です。

販売店側もセールを催して
攻勢をかけてきますので、
大幅値引きが狙えるのでしょう。

月末

販売店のセールスマンは、
毎月ノルマが決められています。

このノルマが達成できずに
焦っていることも多いので、
月末に最後のひと押しをすることで、
大きく値引きをしてもらえるかもしれません。

モデルチェンジ前

新型車が登場すれば、
当然旧型車は売れなくなります。

販売店は、モデルチェンジ前に、
値引き額を大きくして
早く売ってしまおうとするので、
ここを狙いましょう。

5.人気が低い車

そもそも人気が高い軽自動車は、
値引きが少なくても勝手に売れていきます。

反対に人気のない軽自動車は販売店側も、
安くしてでも売りたい気持ちがあるので、
「値引き幅」を大きく設定しやすくなります。

こちらの記事で値引きされやすい車種を紹介しています。
⇒軽自動車の値引きランキング10選!どの車種が安く買える?

軽自動車の値引きの平均はどれくらい?

軽自動車の値引きの額は、
普通自動車に比べると、
かなり少ないといえます。

人気車種や新型モデルなどは
値引きが0円なんてこともあるようです。

さて、軽自動車の値引き相場ですが、
「7~8万円」というのが
現実的な数字といえるでしょう。

まとめ

どんなに頑張って交渉しても、
希望の金額に達しそうにない場合は、
新古車や未使用車を
検討してみるのもよいでしょう。

登録の関係で中古車扱いとなりますが、
車自体は新車と何ら変わりません。

しかも、新車より約10~20万円ほど
安く買うことができて、
保証やサポートも新車同様に受けられます。

また、金額での値引きは限界でも、
ディーラーオプションを装着させるなど、
物としての値引きをしてもらうことも
実質的な値引といえます。

じっくりと作戦を練り、賢く交渉して、
少しでも安く軽自動車を手に入れてください。



車を売りたい人必見!後悔しない売却のコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。





車の買い替え!後悔しない探し方

車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。

※「非公開車両」とはネット上に出回らない条件の良いクルマです。
※「非公開車両」は公開車両の何倍もあると言われています。

もし公開車両を自分で探すと、

・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない
・自分で調べる手間が大幅にかかる
・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない

など悩みが尽きません。

しかし、「非公開車両」を扱う
「ズバット車販売」
なら申し込むだけで、

・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える
・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる
・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える

など、メリットがたくさん。
自分で時間をかけて選んた後から、
故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。

⇒ズバット車販売で非公開車両の詳細を確認する

購入ノウハウ

車の保険料を節約したい人必見!
車の保険に加入する人の80%が
『比較』をせずに決めています。

※車の査定は複数の業者間で
比較をせずに保険に加入すると
平均で25,000円も損をする
という調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・保険は種類が多く複雑で探すのが面倒
・知り合いにお願いされてそのまま加入した
・昔から使って変更の手続きが面倒だから

などの理由からではないでしょうか?

そんなあなたには
車保険の一括見積もりがオススメです。

・複数社で比較するから一番安く選べる
・安くなった分はプランの充実にまわせる
・無料でたった3分で申し込みができる
・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる

比較することで、平均で25000円以上
中には最大50000円お得になった
という声もあります。


⇒平均2.5万円お得になる無料見積もりの詳細を確認する

編集部 ドライブミニをフォローする

にほんブログ村 車ブログへ






ドライブミニ~軽自動車の専門サイト~