軽自動車の新車の値引き相場はいくら?限界額を引き出す方法!

新車価格が普通車と比べて
手の届きやすい価格設定の
軽自動車。

安さと維持費の経済性が
魅力ですが、決して安い
買い物ではないので慎重に
検討している方も多いでしょう。

ネット上にはさまざまな
新車値引き術が公開されていますが
どれもなんとなく難しそうで
自分にも出来るか不安ですよね。

でもせっかくなら少しでも
安く購入したい!という
あなたのために、新車の
値引き方法をまとめました。

軽自動車の新車の値引きできる相場はいくらになる?

新車の値引き価格は、
車体価格300万円以下の
場合は10%が限界
いわれています。

つまり、100~150万円
の車体が多い軽自動車では
10~15万円を車体から
引いてもらえれば合格です。

車体だけでなく、
フロアマットやドアバイザー
などのオプション品の
値引きもあります。

それらをあわせて20万円前後
値引きできれば軽自動車の
値引きは大成功といえるでしょう。

軽自動車の新車の値引きは交渉次第で可能になる?

交渉次第で軽自動車の
値引きは十分に可能です。

相手の営業マンはプロですし
ある程度値引き交渉を
されることを前提に話を
進めてきます

「フロアマットをオマケします」
「このオプションをつけてくれたら
○万円引きます」

といった提案を向こうから
してくることもあるでしょう。

それだけ新車の販売は
「値引き交渉込み」
考えられるのが主流になって
きているのです。

難しい交渉を行わなくても
5~10万円の値引きは
前提としてくれる場合が多いです。

しかし、更なる値引きを狙うなら
このあとご紹介するコツを
駆使してみましょう。

軽自動車の新車の限度額を引き出す方法!交渉が苦手でも大丈夫!

軽自動車の値引き限度額は
15~20万円ほどです。

これは車体値引きと
オプション値引きを
合わせた金額となります。

心理戦などを行う必要はなく
「持っている情報を見せる」
「一押しのせりふを言う」
だけでもかなり効果があります。

それではご紹介していきましょう。

1.ライバル車種の見積もりを取る

まず一般的なのは
ライバル車種の見積もりをもらい
比較対象とする方法です。

普通車ではあまり効果が
得られないのですが、
軽自動車では効果的
といえます。

ムーヴとワゴンR、タントとスペーシア
アルトとミラ、S660とコペンなど、
大きさや目的が近い車種を
比較対象としましょう。

他メーカーとの競合では
機能差や値引きには販売店側で
「どうすることも出来ない部分」
というのが出てきます。

ムーヴが欲しいときにワゴンRと
競合させて、「こっちはハイブリッド
があるのに」といっても、ムーヴに
ハイブリッドはないですよね。

ハイブリッド=燃費のよさに対する
金額的な価値には個人差がありますので
具体的にいくら値引いてこっちを買って
もらおうとはなりにくくなります。

機能面などの比較は大切ですが、
出来上がっているものに対して
「これがないから引いてくれ」
というのは使えないと思っておきましょう。

ライバル車種以外にも、
同じメーカー同士での比較も
効果的です。

例としては、
アルトワークスとアルトターボRSや
タントとハイゼットなど、同じボディ
タイプの車種などです。

同じメーカー内なので、
どちらがより適しているか
悩む点が価格なら落としどころは
どこなのかと突き詰めてくれます。

このように、欲しい車種と他の車種
の見積もりをとり、比較していくこと
が交渉の第一歩です。

2.販売店との比較

次に、販売店同士を
競合させましょう。

スズキA店とスズキB店の
同じワゴンRの見積もりを
とるという方法です。

家電量販店の「○○電機では
このエアコンもう少し安かったです」
というのと同じ値引き方法です。

同じスズキやダイハツでも、
整備工場などでメーカーの看板を
掲げているサブディーラーなど、
運営している会社が異なります

自宅近くのディーラーと
小さな店舗の見積もりでは、
同じ車種でも値引き額が
変わってきます。

この差を利用して、
「こちらよりもB店での
見積もりは5万円安かった」
と見積書を提示するのです。

1台でも多く自店で販売したいので
「では6万円引きますからうちで
買ってくださいよ」などの
交渉が可能となります。

3.値引きしやすい時期を狙う!

主にディーラーでは
値引きしやすい時期
というのが存在します。

  1. 1~3月:年度末の決算
  2. 6~7月:夏のボーナス後
  3. 8~9月:中間決算
  4. 12月:年末商戦・冬のボーナス後

なんだか1年中
ほとんどのような気も
しますが、この時期は
値引きしやすくなります。

値引き額の大きい順で行くと
1→3→4→2となります。

1~3月は決算時期なので
特ににぎわいますし、
商談会やセールなどのイベントも
行われます。

8月のお盆明けから9月も
中間決算の時期なので
同様の値引きが引き出せるでしょう。

ボーナス後は購入資金ができ
車の買い替えを考える方も
多く出てきますので、それに
あわせたセールなども行われます。

これらの時期に行われる
セールはかなり有効活用
できるのですが、土日は
かなり混み合います。

混み合っていると、
落ち着いた商談がしにくく
営業さんのペースに
飲まれがちになってしまいます。

ゆっくり話をしたいという方は
平日の仕事終わりなど、
比較的ディーラーが
すいている時間に伺いましょう。

4.最後の一押し

営業マンや販売店の頑張りを
変えてくれる魔法の言葉
があります。

それは
「今日決める」です。

買うかわからない人に
最大限の値引き提示は
しづらいもの。

値引きというのは
営業マンの独断ではなく、
どこまでいけるかは上層部へ
確認が必要になります。

「あと○万円引けたら今日決めて
くれるので何とか出来ませんか」と
営業マン・販売店も頑張って
くれるのです。

本当に買う決心がついてきたら
ここぞという場面で使える
効果的なせりふです。

「このオプションをつけてくれたら」
「あと○万円引いてくれたら」
と具体的な条件とともに使いましょう。

 

これらの効果的な方法も
場合によってはNG行為
となってしまうことがあります。

その理由についてまとめた
動画がありますので参考にして
より確実に値引きを引き出して
いきましょう。

軽自動車の新車の値引き交渉で行ってはいけないNG行為3つ

交渉方法についてご紹介
してきましたが、
逆効果になってしまう
NG行為もあります。

これだけは気をつけて
交渉を行っていきましょう。

1.予算は口に出さない

先に「150万円以内なら・・」
などと予算を言ってしまうと
それ以上の値引きは難しくなります。

最大限の値引きを引き出すなら
予算は言わないほうが賢明です。

極端に安い予算を言っても
「うちでは難しいですね~」
と帰されてしまいますので
予算は言わないようにしましょう。

2.しつこい値引きはしない

営業マンも人間ですから、
店員と客の前に
人と人であること
念頭に置きましょう。

しつこく値引きをお願いしても、
出来ないものは出来ないので、
これも帰されてしまいます。

相手の立場になったときに、
出来ないものをやれと言い張る
お客様が現れたらいやですよね。

値引きは営業マンに親身に
なってもらうこと、
「この人のために値引き頑張ろう」
と思ってもらうことが大事です。

しつこい交渉や横柄な態度は避け、
これ以上は無理といわれたら
おとなしく引きましょう。

3.「下取り車」は考えない

乗り換えの場合、今の愛車を
下取りに、と考えている方は
ちょっと待ってください。

下取りでは、中古相場よりも
かなり安く引き取られてしまいます。

「この値引き額に下取りを足して・・」
と考えるのも辞めておきましょう。
そもそも下取りに出すのを辞めましょう。

下取り車を含めた場合、以下のような
値引きの見積もりを出された
例があります。

例①

新車の値引き額:15万円
下取り価格:5万円
合計:20万円の値引き

例②

新車の値引き額:10万円
下取り価格:10万円
合計:20万円の値引き

下取り車を含めると、
下取り車の価格を利用して
新車の値引き価格を
調整されてしまいます。

同じ20万円の値引きを
行う場合でも、下取り車の
査定額を前後させることで
新車からの利益を変えられるのです。

優しい営業マンは「下取りより
買取に出したほうがお客様にとって
有益です」と教えてくれますが
全員がそうとは限りません。

下取り価格5万円といわれた愛車が
買取業者の査定で20万円の値がつく
といったことはよくあることです。

ですから、新車購入時に
下取り車があるということは
言わないようにしましょう。

愛車を高値で売却して新車の購入をお得にしませんか?

下取りの項目でもご紹介したとおり、
買取業者に査定をしてもらったほうが
高額査定になりやすいです。

下取り価格よりも50万円も
高い金額で買い取ってもらえた
という事例もあるほど。

愛車の買取価格が上がれば、
その分グレードを上げたり
オプションを追加したり
維持費に回したりできますよね。

「かんたん車査定ガイド」
愛車の情報を入力すると
無料で最大10社が査定を
してくれるサービスです。

電話やメールでのヒヤリングで
相場金額も教えてくれるので
愛車の価値がわかります。

実際の査定には、無料で自宅まで
出張査定に来てくれますので
立ち会いながら不具合などの
質問に答えるだけです。

時間が取りづらい場合でも
時間帯や所要時間の融通を利かせて
くれる業者が多いので忙しい方も
安心して申し込みできます。

愛車の価値を知りたいという方は
こちらのリンクから申し込み
してみてくださいね。

⇒かんたん車査定ガイドで愛車の高額買取業者を探す

まとめ

この記事では・・・

  • 軽自動車の新車の値引き相場は15~20万円
  • 新車の値引きはいまや当然のように行われている
  • 値引き交渉のコツは他車種・他店との比較、セールの利用、今日決めますの一言
  • 値引き交渉のNG行為は予算の報告、しつこい交渉、愛車の下取り
  • 愛車のは下取りではなく「かんたん車査定ガイド」で高額買取業者に売ろう

という内容をご紹介しました。

交渉ごとは精神力を使いますが
少しでも新車購入費用を
抑えるなら避けては通れません。

それでも、新車の値引きは
当然のように行われているので
そこまで気負いしなくても
大丈夫ですよ。

用意するものはライバル車種の見積もりと
欲しい車の他店の見積もりだけ。
それさえあれば交渉材料としては
十分です。

車体からの値引きだけでなく、
オプションからの値引きや
自動車保険などのディーラーでの
付帯サービスを有効に活用しましょう。

新車購入時に車体代金以外に
かかる費用や、値段を抑える方法
についてまとめた記事もありますので
参考にしてみてください。

⇒軽自動車の新車の諸費用はいくら?少しでも値段を抑える5つの方法

この方法を使って
お目当ての軽自動車を
少しでも安くゲットして
くださいね。



車を売りたい人必見!後悔しない売却のコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。





車の買い替え!後悔しない探し方

車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。

※「非公開車両」とはネット上に出回らない条件の良いクルマです。
※「非公開車両」は公開車両の何倍もあると言われています。

もし公開車両を自分で探すと、

・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない
・自分で調べる手間が大幅にかかる
・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない

など悩みが尽きません。

しかし、「非公開車両」を扱う
「ズバット車販売」
なら申し込むだけで、

・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える
・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる
・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える

など、メリットがたくさん。
自分で時間をかけて選んた後から、
故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。

⇒ズバット車販売で非公開車両の詳細を確認する

購入ノウハウ

車の保険料を節約したい人必見!
車の保険に加入する人の80%が
『比較』をせずに決めています。

※車の査定は複数の業者間で
比較をせずに保険に加入すると
平均で25,000円も損をする
という調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・保険は種類が多く複雑で探すのが面倒
・知り合いにお願いされてそのまま加入した
・昔から使って変更の手続きが面倒だから

などの理由からではないでしょうか?

そんなあなたには
車保険の一括見積もりがオススメです。

・複数社で比較するから一番安く選べる
・安くなった分はプランの充実にまわせる
・無料でたった3分で申し込みができる
・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる

比較することで、平均で25000円以上
中には最大50000円お得になった
という声もあります。


⇒平均2.5万円お得になる無料見積もりの詳細を確認する

編集部 ドライブミニをフォローする

にほんブログ村 車ブログへ






ドライブミニ~軽自動車の専門サイト~