軽自動車の自動車税は還付されないの?税金が戻ってこない理由とは

毎年5月ごろに納税する
軽自動車税。

普通車では購入時や売却時に
月割りになりますが、軽自動車では
どうなっているのでしょうか?

年度の途中での購入・売却・
廃車などの手続きによって
軽自動車税はどのように
扱われるのかわかりづらいですよね。

そこで今回は、軽自動車の
税金と還付について
解説していきましょう。

軽自動車の自動車税が還付されないって本当?返ってこない理由は?

普通車の自動車税は、
年度の途中での購入・売却
などの場合は月割りされた
金額の納付となっています。

売却時の場合は、査定額に
月割り自動車税を含めた金額
が提示されることがほとんどです。

しかし、軽自動車では
自動車税の月割り制度はありません。

いつ売却しても
1年分の軽自動車税を
納付しなければなりません。

還付されない理由としては
普通車と比較して税率が
低いことが挙げられます。

還付がない代わりに、年度の途中で
軽自動車を購入した場合、
自動車税の月割制度がないので
自動車税を支払う必要がありません

軽自動車の自動車税は自動車重量税だけ戻ってくる?

軽自動車税の還付はされませんが
自動車重量税は還付制度があります。

自動車重量税の還付は、
軽自動車を廃車にし、
車検期間が1年以上
残っている場合に行われます。

軽自動車の自動車重量税の還付に必要な手続きは?

出典:https://www.keikenkyo.or.jp/

自動車重量税の還付を行うには
軽自動車の解体届出と
自動車重量税の還付申請
が必要となります。

車検残存期間が1ヶ月以上
ある場合に限り、残り期間の
月割り重量税が返還されます。

自動車重量税の還付には振込口座と
マイナンバー等の記載が必要です。

マイナンバーを記載した解体届出書を
提出する場合は「マイナンバーカード」
「通知カードと免許証」
のいずれかが必要となります。

廃車時の重量税の還付について
説明している動画もありますので
参考にしてみてください。

軽自動車の自動車税は廃車や譲渡した場合はどうなるの?

軽自動車税は、
4月1日時点の所有者に対して
課税されます。

4月2日以降に廃車や売却をして
所有者でなくなったとしても
支払った軽自動車税は
戻ってきません。

支払いがまだの場合には、
4月1日時点の所有者に
納税義務が発生しますので
支払わなければなりません。

自動車税が還付されないのは軽自動車だけなの?

軽自動車税は還付制度が
ありませんから、「軽自動車」
に含まれるバイクなども
還付制度はありません。

普通車では還付制度はありますが、
売却の場合は車体査定額に
含まれることが多いので
実際に返還されることは稀です。

自動車税が還付される車種はどうやって申請すればいい?

自動車重量税の還付は
廃車(解体)の際のみ行われます。

廃車時に還付の対象となる場合は
解体届出書に口座番号と
マイナンバーを記載することで
申請完了となります。

軽自動車の場合は
廃車の際の自動車重量税
以外に還付対象となる税金は
ないので、特別な申請は不要です。

0円以上の買取が可能!廃車や事故車は「カーネクスト」で無料査定

もし廃車を検討している
愛車があるという方は、
自動車重量税の還付よりも
高額な買取価格が付く可能性があります。

それは「カーネクスト」
査定を依頼するという方法です。

故障してエンジンがかからない、
動かないといった車体にも
値段をつけてくれます。

廃車には解体費用が発生します。
お金を出して廃車にする車に
査定額が付くなんて助かりますよね。

カーネクストでは廃車の手続きも
無料で代行してくれますし、
重量税の還付にも応じてくれます。

動かない車はレッカー代なども
かかるところですが、その費用も
カーネクストならかかりません。

廃車にする場合も無料で手続きを
任せることができ、値段が付けば
買取してくれます。

迷っている方はぜひカーネクストで
査定を依頼してみましょう。

⇒カーネクストに査定を依頼する

どこの業者よりも高額買取を希望するなら「かんたん車査定ガイド」

故障していない愛車を
より高く売るなら
「かんたん車査定ガイド」
がおすすめです。

愛車の情報を入力すると
最大10社が相場金額を
電話やメールで教えてくれます。

詳しい査定には、無料で出張査定
にきてくれて、愛車をくまなく
チェックします。

忙しい方でも、査定の時間帯や
所要時間は融通を利かせてくれる
業者が多いので安心して申し込みできます。

査定の申し込みはネットから
24時間いつでもOK!
思い立ったらすぐ依頼できるのも
ポイントです。

⇒かんたん車査定ガイドで高額買取査定を依頼する

まとめ

この記事では・・・

  • 軽自動車税は月割り制度や還付制度はない
  • 自動車重量税は廃車のときに限って還付される
  • 自動車重量税の還付は車検期間が1ヶ月以上残っている場合に残りの期間の月割り分が還付される
  • 自動車税の還付がないのは軽自動車とバイク
  • 廃車を検討している車もカーネクストなら査定・買取や無料での廃車が可能
  • かんたん車査定ガイドで高額買取してくれる業者を探すことも可能

という内容をご紹介しました。

軽自動車税の納税は毎年
届いた納付書でコンビニなどで
支払っているという方が
多いかと思います。

クレジットカードなどで
支払いできたらポイントも
貯まって便利なのにと思ったことは
ありませんか?

軽自動車税の支払い方法の種類や
支払期限などについてまとめた記事
もありますので参考にしてみて
くださいね。

⇒軽自動車の税金はいつ支払うの?納税の方法を徹底解説

軽自動車税は戻ってこない。
自動車重量税は廃車のときだけ
返ってくる。これだけはしっかり
覚えておきましょう!



車を売りたい人必見!後悔しない売却のコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。





車の買い替え!後悔しない探し方

車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。

※「非公開車両」とはネット上に出回らない条件の良いクルマです。
※「非公開車両」は公開車両の何倍もあると言われています。

もし公開車両を自分で探すと、

・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない
・自分で調べる手間が大幅にかかる
・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない

など悩みが尽きません。

しかし、「非公開車両」を扱う
「ズバット車販売」
なら申し込むだけで、

・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える
・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる
・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える

など、メリットがたくさん。
自分で時間をかけて選んた後から、
故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。

⇒ズバット車販売で非公開車両の詳細を確認する

税金

車の保険料を節約したい人必見!
車の保険に加入する人の80%が
『比較』をせずに決めています。

※車の査定は複数の業者間で
比較をせずに保険に加入すると
平均で25,000円も損をする
という調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・保険は種類が多く複雑で探すのが面倒
・知り合いにお願いされてそのまま加入した
・昔から使って変更の手続きが面倒だから

などの理由からではないでしょうか?

そんなあなたには
車保険の一括見積もりがオススメです。

・複数社で比較するから一番安く選べる
・安くなった分はプランの充実にまわせる
・無料でたった3分で申し込みができる
・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる

比較することで、平均で25000円以上
中には最大50000円お得になった
という声もあります。


⇒平均2.5万円お得になる無料見積もりの詳細を確認する

編集部 ドライブミニをフォローする

にほんブログ村 車ブログへ






ドライブミニ~軽自動車の専門サイト~