軽自動車の車検に必要なものは?準備しておきたい書類まとめ

最近は費用の安さから
ユーザー車検にチャレンジする
軽自動車オーナーが増えて
きていますよね。

ディーラーやカー用品店
で依頼すると、7万円前後
かかる軽自動車の車検も
ユーザー車検なら4万円ほど。

ユーザー車検では車検に
必要な書類は自分で用意
しなくてはなりません。

しかし、初めてでは
どんな書類をどこで入手
すればいいかわかりませんよね。

そこで今回は、軽自動車の
車検に必要な書類の種類と
その入手方法について
ご紹介します。

軽自動車の車検に必要な書類はどこで手に入る?

軽自動車の車検に必要な書類は
すでにご自身で持っているものと
軽自動車検査協会でもらうものの
2種類に分かれます。

自分で持っているもの
  • 車検証(自動車検査証)
  • 自賠責保険証(自動車損害賠償責任保険証明書)
  • 軽自動車税納税証明書
  • 定期点検整備記録簿
  • 印鑑

これらの書類は、多くの方が
車検証入れに入れて
グローブボックスなど
車内で保管しているでしょう。

軽自動車検査協会で入手するもの
  • 自動車重量税納付書
  • 継続検査申請書
  • 軽自動車検査票

これらの書類は当日
軽自動車検査協会で入手し
記入すれば問題ありません。

軽自動車の車検で準備しておきたい書類まとめ

それでは各必要書類
について、解説していきます。

正式名称で書かれると
漢字が並びすぎて、
どの書類のことだかかえって
わかりにくいこともありますよね。

見本画像とともに
ご紹介していきましょう。

1.軽自動車納税証明書


出典:https://www.keikenkyo.or.jp/

毎年5月上旬ごろに
納付書が送られてくる
軽自動車税。

軽自動車税納税証明書は、
この納付書の領収書部分です。

公共料金のような細くて小さい
領収書ではなく、納付書の
半分くらいが返却されますよね。

その全体が納税証明書と
なりますので、切り離さず
なくさないように車検証入れ
に保管しておきましょう。

2.定期点検整備記録簿


出典:https://annai-center.com/

12ヶ月、24ヶ月の定期点検
受けた結果を記す記録簿です。

新車などでは、整備記録簿が
1冊の手帳で入っていると思いますが、
中古車などでそれがない場合は
350円ほどで用紙の購入が必要です。

この用紙のチェック項目には
整備の知識をもち、なおかつ
整備を行う環境がないと
確認できないものがあります。

ディーラーや整備工場で
定期点検をしっかりと行ってもらい
記入してもらった用紙を
準備しましょう。

3.自動車損害賠償責任保険証明書

自動車損害賠償責任保険証明書は
通称「自賠責」の保険証です。

車検証と一緒に保管されている
方が多いでしょう。

保険期間の満了日時は
午前12時までとなっています。

そのため、車検の期限よりも
1日以上長く期間を設定して
加入します。

4.自動車重量税納付書

出典:https://www.keikenkyo.or.jp/

こちらは軽自動車検査協会で
入手し記入します。

自動車重量税印紙販売窓口で
自動車重量税額に相当する
金額の印紙を購入し、
貼り付けて申請を行います。

初度検査年から
18年経過した車:8,800円
13年経過した車:8,200円
上記以外の場合:6,600円

エコカー減税の対象車で
新車購入後の
初めての車検更新の場合は
さらに減税の対象となります。

5.継続検査申請書軽第3号様式

出典:https://www.keikenkyo.or.jp/

こちらも軽自動車検査協会で
入手し作成します。

捺印が必要となるので、
手続き当日は印鑑が
必要となります。

6.軽自動車検査票

出典:https://www.keikenkyo.or.jp/

こちらは軽自動車検査協会で
検査を依頼するときに渡されます。

 

車検の手続きの全体像については
軽自動車検査協会が公開する
こちらの動画を参考にしましょう。

軽自動車の車検にかかる日数はどのくらいになる?

車検の手続きにかかる日数は
当日の1日のみで作業できます。

保安基準に適合しなかった
箇所がある場合は整備などで
数時間から数日必要となる
場合もあります。

店舗や工場に預ける場合は、
おおむね3日~1週間前後
預けることが多いです。

その間は代車を借りるなどして
過ごすことになります。

まとめ

この記事では・・・

  • 車検に必要な書類の入手方法
  • 車検に必要な各書類の説明
  • 車検に必要な日数

についてご紹介しました。

車検をお店や工場に
依頼している方は
なじみのない書類が
多かったことと思います。

実際に軽自動車検査協会
に持ち込んで検査を行う場面
にならないとわからないことが
多いですよね。

これからは車検費用を
抑える為に自分で車検を通したい
という方は、こちらの記事を
参考にしてみてくださいね。

⇒軽自動車のユーザー車検の費用はいくら?車種によって価格は違う?

車検はもちろんですが、
定期点検も車にとっての
大事な健康診断の場です。

普段なんとなく乗っているだけでは
なかなか消耗品の交換時期や
表から見えない場所の不調には
気づきにくいものです。

オイル交換も、時期や走行距離を
意識していなければ忘れてそのまま
にしてしまうという方も少なくない
のでは?と思います。

車検時の提出のためはもちろんですが、
愛車に今後も元気に走ってもらうためにも
定期点検を受け、必要な書類は
きちんと保管しておきましょう。



車を売りたい人必見!後悔しない売却のコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。





車の買い替え!後悔しない探し方

車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。

※「非公開車両」とはネット上に出回らない条件の良いクルマです。
※「非公開車両」は公開車両の何倍もあると言われています。

もし公開車両を自分で探すと、

・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない
・自分で調べる手間が大幅にかかる
・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない

など悩みが尽きません。

しかし、「非公開車両」を扱う
「ズバット車販売」
なら申し込むだけで、

・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える
・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる
・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える

など、メリットがたくさん。
自分で時間をかけて選んた後から、
故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。

⇒ズバット車販売で非公開車両の詳細を確認する

車検

車の保険料を節約したい人必見!
車の保険に加入する人の80%が
『比較』をせずに決めています。

※車の査定は複数の業者間で
比較をせずに保険に加入すると
平均で25,000円も損をする
という調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・保険は種類が多く複雑で探すのが面倒
・知り合いにお願いされてそのまま加入した
・昔から使って変更の手続きが面倒だから

などの理由からではないでしょうか?

そんなあなたには
車保険の一括見積もりがオススメです。

・複数社で比較するから一番安く選べる
・安くなった分はプランの充実にまわせる
・無料でたった3分で申し込みができる
・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる

比較することで、平均で25000円以上
中には最大50000円お得になった
という声もあります。


⇒平均2.5万円お得になる無料見積もりの詳細を確認する

編集部 ドライブミニをフォローする

にほんブログ村 車ブログへ






ドライブミニ~軽自動車の専門サイト~