軽自動車の車庫証明の費用を抑える方法!手続きは自分でも可能なの?

軽自動車でも一部の地域では
必要となる車庫証明の手続き。

軽自動車の購入時には
販売店に代行してもらっている
という方も多いことでしょう。

しかし、その代行手数料は
なかなかの金額になっていることも
多くあります。

自分で対応することで
費用を抑えることができるので、
軽自動車の購入費用の
節約にもつながります。

手続きそのものは簡単ですので
手続き方法などについて
ご紹介していきます。

軽自動車の車庫証明の費用は代行してもらうと高くなる!

軽自動車の車庫証明は
登録時(購入時)は不要という
ことになっています。

「じゃあ軽自動車の車庫証明って何?」
となると思いますが、車庫の届出を行う
「自動車保管場所届出書」のことを
一般的に車庫証明と呼んでいます。

普通車の購入時は、登録の際に
車庫証明を取得しないと登録
できませんが、軽自動車の場合は
登録後に届出を行います。

その届出を代行してもらうと
代行手数料が発生します。

1.ディーラー

ディーラーの多くは、
軽自動車の販売時にも
自動車保管場所届出書の
手続きを代行してくれます。

車庫の届出の控えを社内で
提出しなければならないので
諸費用に届出手数料が
含まれている場合が多いです。

金額は店舗により異なりますが
1万円前後が相場となっています。

2.行政書士

行政書士の場合は
事務所によって設定価格が
異なります。

5,000円~10,000円に
設定している事務所が
多いです。

3.駐車場の不動産

月極め駐車場や賃貸物件の
駐車場を利用している場合に
不動産屋さんや管理会社に
代行してもらう場合です。

代行してくれる会社と
そうでない会社があるので
事前に確認しましょう。

車庫の届出に必要な
利用承諾書を用意してもらう
手数料は2,000円前後が相場です。

さらに手続きそのものを
代行してもらう場合には
さらに3,000円~10,000円ほど
費用がかかります。

軽自動車の車庫証明書の費用は自分で手続きすると安くなる

車庫証明の手続き自体は
必要書類を揃え、2回
警察署に出向くだけ
完了します。

費用は標章発行料の
500円前後です。

月極め駐車場の場合には
使用承諾書の発行に
2,000円前後かかります。

それでも3,000円あれば
自分で手続きできるので、
代行手数料10,000円から
大幅な節約が可能です。

軽自動車の車庫証明の手続きを自分で行うための手順を紹介!

それでは、自分で車庫証明の
手続きを行う手順を紹介して
行きましょう。

そんなに複雑な手続きでは
ありませんので、安心して
挑戦してみてくださいね。

1.保管場所の確保

まずは保管場所を確保します。

自己所有・家族所有の自宅に
駐車スペースがある場合には
自宅駐車場を保管場所にしましょう。

他の車でいっぱいな場合は
月極め駐車場を借ります。

賃貸物件に住んでいる場合は、
敷地内駐車場や近隣の月極め
駐車場を契約する必要があります。

このとき、自宅と車庫の距離は
2km以内と定められていますので
遠すぎる場所には設定できません。

2.申請書類を準備

車庫が決まったら申請書類を
準備しましょう。

必要な書類は
管轄の警察署でもらったり
一部地域ではインターネットから
ダウンロードが可能です。

車庫証明の必要書類
  1. 自動車保管場所届出書
  2. 保管場所標章交付申請書
  3. 自認書(3,4のどちらかを提出)
  4. 保管場所使用承諾書(3,4どちらかを提出)
  5. 使用の本拠の位置が確認できるもの(住民票や公共料金の領収書)
  6. 保管場所の所在図・配置図

3.申請書類を作成

必要書類を揃えたら、作成
を進めていきましょう。

1.自動車保管場所届出書


出典:http://www.syako.car-u.co.jp/

届出する自動車の車名や型式を
車検証を見ながら記入し、
所有者の氏名・住所を記載します。

2.保管場所標章交付申請書

自動車保管場所届出書と同様に記入します。
警察署で入手した場合は複写になっている
と思いますが、ダウンロードして印刷した
場合は再度記入しましょう。

3.自認書

出典:http://www.syako.car-u.co.jp/

保管場所が自己所有の自宅や土地
の場合はこちらを記入します。

4.保管場所使用承諾書

出典:http://www.syako.car-u.co.jp/

家族名義の自宅や土地、賃貸の駐車場や
月極め駐車場の場合はこちらを記入
します。

賃貸や月極めの場合は大家さんや
管理会社に作成してもらうので
契約した不動産屋さんなどに
問い合わせて持ち込む必要があります。

発行手数料が2,000円前後かかります。

5.使用の本拠の位置が確認できるもの

こちらは自宅がわかるものです。
住民票や公共料金の領収書を持参します。

6.保管場所の所在図・配置図

出典:http://www.syako.car-u.co.jp/

自宅から保管場所までの地図を記す所在図と
保管場所内の自分が使用する区画を記す
配置図を記入します。

配置図には、駐車スペースの寸法と
駐車場前の道路の道幅を記載します。

書類の書き方について解説している
動画もありますので参考に
してくださいね。

4.書類提出と申請を行う

書類の記入が済んだら
警察署に申請に行きます。

このときに収入印紙代が
500円前後かかります。
収入印紙は警察署内などで
購入可能です。

警察署はおもに平日の
8:30~16:30ごろまでの
受付となっています。

5.警察署で車庫証明をもらう

申請後、数日すると
車庫証明書・保管場所標章が
交付されます。

警察署によって発行完了後に
電話をしてくたり
「○日の△時以降に来てください」
といわれたりと対応が異なります。

申請時に整理券を受け取るので
そちらを持って再度警察署に
いって、証明書を受け取ります。

これで手続きは完了です。

軽自動車の車庫証明を申請してから交付までにかかる日数は?

必要書類の提出から
証明書の発行までは2~4日
としている警察署が
多いです。

ただし、対応が混み合っている
場合には前後することもあります。

基本的には申請時に
交付日時を指定してくれるので
交付日になったら受け取りに行く
流れとなります。

まとめ

この記事では・・・

  • 軽自動車の車庫証明の代行費用の相場
  • 軽自動車の車庫証明の申請方法
  • 軽自動車の車庫証明の交付にかかる日数は2~4日
  • 軽自動車の車庫証明を自分で手続きする際にかかる費用は500円~3,000円ほど

という内容をご紹介しました。

軽自動車を購入後、
車庫証明の届出が必要な地域では
購入から届出までの
期限が定められています。

届出期限を過ぎてしまった場合の
対処や罰則などについてまとめた
記事がありますので
参考にしてくださいね。

⇒軽自動車の車庫証明が期限を過ぎてしまった!罰則や延滞料はあるの?

私は普通車でも自分で
車庫証明の手続きを
していますが、一度やってみると
本当に簡単です。

新車や中古車の購入費用を
抑えるのに有効ですので
ぜひ次回は自分で手続き
してみてくださいね。



車を売りたい人必見!後悔しない売却のコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。





車の買い替え!後悔しない探し方

車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。

※「非公開車両」とはネット上に出回らない条件の良いクルマです。
※「非公開車両」は公開車両の何倍もあると言われています。

もし公開車両を自分で探すと、

・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない
・自分で調べる手間が大幅にかかる
・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない

など悩みが尽きません。

しかし、「非公開車両」を扱う
「ズバット車販売」
なら申し込むだけで、

・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える
・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる
・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える

など、メリットがたくさん。
自分で時間をかけて選んた後から、
故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。

⇒ズバット車販売で非公開車両の詳細を確認する

車検

車の保険料を節約したい人必見!
車の保険に加入する人の80%が
『比較』をせずに決めています。

※車の査定は複数の業者間で
比較をせずに保険に加入すると
平均で25,000円も損をする
という調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・保険は種類が多く複雑で探すのが面倒
・知り合いにお願いされてそのまま加入した
・昔から使って変更の手続きが面倒だから

などの理由からではないでしょうか?

そんなあなたには
車保険の一括見積もりがオススメです。

・複数社で比較するから一番安く選べる
・安くなった分はプランの充実にまわせる
・無料でたった3分で申し込みができる
・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる

比較することで、平均で25000円以上
中には最大50000円お得になった
という声もあります。


⇒平均2.5万円お得になる無料見積もりの詳細を確認する

編集部 ドライブミニをフォローする

にほんブログ村 車ブログへ






ドライブミニ~軽自動車の専門サイト~