軽自動車の車検費用の平均はいくら?価格を安くさせる方法とは

2年に一度訪れるお金のかかる
イベントといえば車検

車の調子の良し悪しに関係なく
毎回結構な費用がかかりますよね。
出来る限り費用を抑えたいという
方も多いのではないでしょうか。

維持費が安いからと軽自動車を
選んだのに、車検はそこまで安さを
感じられないかもしれません。

では車検費用を少しでも
安くする方法はあるのでしょうか?

今回は車検とお金の関係について
解説していきましょう。

軽自動車の車検費用の平均の相場はいくらになる?

軽自動車の車検代の平均相場は
5~7万円ほどです。

年式が古くなれば、交換する
部品や油脂類が増えるので
高額になっていきます。

車検費用は次の4つから
成り立っています。

1.法定費用

自動車重量税:車両重量に応じて金額が変動する税金
自賠責保険:最低限の補償を行う加入義務のある保険
検査手数料:軽自動車検査協会で支払う手数料

2.車検整備費用

車検の検査項目に不具合などがないかをあらかじめ点検するための費用。
店舗によって設定価格が異なります。

3.部品交換費用

点検で交換が必要と判明したオイル類や、期限が切れる発炎筒の交換等でかかる費用です。
店舗、車体の状態によって個人差が大きい部分です。

4.代行手数料

車両を預かり、検査場まで運搬をしたり必要書類の更新をしたりといった事務作業に対する手数料です。
ここも店舗によって大きく差が出る部分です。

この4つの合計金額が5~7万円
となっています。

軽自動車の車検にかかる法定費用はいくらになる?

車検を依頼する店舗に
関係なく発生する法定費用

税金や保険など、どの車両にも
発生する費用です。

1.自動車重量税

自動車重量税は車体の
重さに対してかかる税金です。

軽自動車は600~1,000kg前後の
車種が多いです。

新車購入時にエコカー免税の
対象となっていた車両では、
初めての車検更新時の重量税が
免除となります。

減税対象車やその他エコカーは
エコカーに分類されます。

初年度登録からの年数に応じて
重量税は高くなっていきます。

自動車重量税
車両重量エコカー減免対象車エコカー減免なし
免税エコカーエコカー以外
13年未満13年経過18年経過
~500kg0円5,000円8,200円11,400円12,600円
~1000kg0円10,000円16,400円22,800円25,200円
~1500kg0円15,000円24,600円34,200円37,800円

2.自賠責保険

自賠責保険は義務で加入する
保険です。

車検の更新時に期限内である必要
がありますが、多くの方が車検が切れる
2~3週間前に車検に出されるので、
24ヶ月分の保険料が基準になっています。

軽自動車自賠責保険料
12ヶ月13ヶ月24ヶ月25ヶ月36ヶ月37ヶ月
15,130円15,960円25,070円25,880円34,820円35,610円

3.検査費用

検査費用は軽自動車検査協会
で支払う印紙代です。

検査費用(印紙代)
1,400円

 

この3つを合計した
「36,470円」は必ず発生します。

この法定費用以外に
かかる費用が店舗ごとに変動します。

軽自動車の車検!ディーラーごとの費用の違いは?

まず一番に依頼しようと思うのは
ディーラーという方も多いでしょう。

新車で購入した場合には、
案内の手紙が届いたりしますし、
何より愛車のメーカーが行う
車検ですから、安心して任せられます

ディーラーでの車検は
新車購入時に加入したサービスや
運営している代理店・地域によって
多少変動します。

各ディーラーの車検料金は
以下のようになっています。

基本料金法定費用合計
トヨタ38,340円36,470円74,810円
スズキ48,600円36,470円85,070円
ホンダ39,528円36,470円75,998円
ダイハツ43,200円36,470円79,670円
日産(※1)54,600円36,470円91,070円
マツダ36,720円36,470円73,190円
スバル31,880円36,470円68,350円
三菱(※2)44,496円36,470円80,966円

上記は基本的な料金のため、
追加整備や交換部品があると
価格が変動します。

基本料金には以下が含まれます。

  1. 24ヶ月点検費用
  2. 車検完成整備費用
  3. 手続き代行費用

軽自動車を多く販売している
スズキとダイハツが割高という
結果となりました。

国産車は多くのディーラーで
他メーカー車両の車検も
受付しています。

ダイハツで買った車をトヨタに
依頼したほうが車検代が安いという
ことになるので、車検の依頼先は
良く考えて選びましょう。

 

※1.日産は車検単体での
受付もしていますが、
基本料金を公表していません

その代わり、新車購入時に加入できる
メンテプロパックという、点検・車検
オイル交換などがセットになった
メンテナンスサービスを販売しています。

最安プラン「メンテプロパック12」は
車検・6ヶ月点検・12ヶ月点検が各1回、
オイル交換3回、オイルフィルター交換2回
がセットになり54,600円です。

この金額を基本料金としています。

※2.三菱では、車検に複数のパックが
あり、走行距離や経過年数から適した
コースを選択するようになっています。

上記表は、エコノミーコースの
基本料金となっています。

カーショップの車検費用の違いはどのくらい?

自宅の近くにあるなどで、
気軽に依頼できることが魅力の
カー用品店や車検専門店。

車検料金をよりお得に設定
している店舗も多いので、
選ぶときは迷いますよね。

なかでも人気の「オートバックス」
「イエローハット」「コバック」
料金を一覧で比較してみましょう。

基本料金法定費用合計
オートバックス12,800円36,470円49,270円
イエローハット32,367円36,470円68,837円
コバック9,500円36,470円45,970円

いずれも、地域や運営会社によって
価格差が生じますが、基本として
設定されている料金が上記となります。

イエローハットが高くなっていますが、
車検予約を早めにする早割や、ポイント
会員、リピーターなどの割引が適用され
ると最大で20,000円引きになります。

コバックの料金は驚きの安さですが、
クイック車検という30分ほどで
最低限の項目のみチェックする
コースの価格となります。

60分ほどでさらに細かく点検する
コースが14,770円、1日がかりの
入念な点検・整備コースが24,336円
となっています。

ディーラーに車検を依頼する価格の
5~6割程度の金額で車検を通すことが
出来ますので、大幅な節約になります。

ユーザー車検の車検費用はどのくらい?

ユーザー車検とは、自分で
整備を行い、自分で軽自動車
検査協会に持ち込んで車検に
通す方法です。

状態がよく、整備や部品交換
がない車体や、自分でメンテナンス
出来る方は一番費用が抑えられる
方法です。

発生する費用は法定費用のみ。
検査で通らなかった項目があれば
直すための整備費用数千円が
追加で発生する程度です。

4万円あればお釣りがきます。

ガソリンスタンドの車検費用の違いはどのくらい?

全国どこにでもある
ガソリンスタンドでも、
車検の受付をしている
店舗があります。

同じエネオスでも、
運営している会社や地域によって
金額などが変動します。

代車の用意がなかったり、
担当する整備士の能力差が大きいなどの
要因から、他の受け付け場所よりも
安く設定されています。

大手ガソリンスタンドの
エネオスとシェルの料金を
比較してみましょう。

基本料金法定費用合計
エネオス16,200円36,470円52,670円
シェル31,320円36,470円67,790円

カー用品店よりも少し高くなります。
ガソリンスタンドは地域差が
大きいので、一例として関東地方の
店舗の価格を記載しています。

こちらもポイント会員や早めの予約、
リピーターなどの割引を用意している
店舗もあるので実際の見積もり額が
変わる可能性があります。

10,000円前後の安価な金額を
提示している場合は、車検前の
整備費用のみということがあります。

そこに車検後の完成整備、手続き代行
手数料などが加算されるということが
ありますので注意しましょう。

軽自動車の車検費用で一番高額になる費用はなに?

車検費用で一番高額になるのは
必ず発生する法定費用です。
法定費用の合計36,470円は
必要不可欠。

では法定費用を除いて高額になる
部分はというと、店舗により
異なる「点検・整備・代行費用」です。

おおむね3万円前後に設定
されているので、法定費用と
同じくらいかかってしまいます。

さらに追加整備代などが加算
されるので、トータルが7万円
ほどになってしまうのです。

13年以上経過している軽自動車では
この消耗品の交換に加え、自動車重量税
が増額されるので、10万円コース
になってしまうこともあります。

軽自動車の車検費用がディーラーだと高いのはどうして?

ディーラーでの車検費用が
高くなるのには下記のような
理由があります。

  1. 交換に使用する部品・油脂がメーカー純正品
  2. メーカー車両を知り尽くした整備士や営業マンの人件費
  3. 最新の故障診断機等による点検とプロによる整備

逆の視点で考えてみましょう。
なぜカー用品店などは安く車検が
出来るのでしょうか。

  1. 交換する部品・油脂が多ければその分売り上げにつながる
  2. 代車を用意していない
  3. 整備士免許を持っていないピットスタッフもいる

などが挙げられるでしょう。

同じメーカーの代車を借りることが
できたり、プロが愛車を見てくれる
という安心感があったりという
メリットがディーラーにはあります。

常に自社の製品に対して最新情報を
保有しているという点も安心に
つながりますよね。

そのような質の高さが価格に
反映されているのでしょう。

軽自動車の車検費用を少しでも安くさせる方法はある?

車検代を少しでも安くする方法は
以下のとおりです。

  1. ユーザー車検に挑戦する
  2. 日頃からメンテナンスを怠らない
  3. 新車購入時は免税対象車のエコカーを選ぶ

日頃からオイル交換や消耗品の
交換・点検をしっかりと行って
いれば、特別な点検整備無しでも
ユーザー車検で車検に通ります。

車検の際のまとまった費用を
抑えるには日常的にメンテナンスで
少しずつ費用をかけるということです。

また、車そのものが維持費のかかる
車体である場合もあります。

車体代の安い古い軽自動車に
毎回10万円の車検代がかかっていては
ちょっともったいないですよね。

車検代を抑えることを考えたら
新車でエコカーを購入し免税・減税を
受け、日常メンテナンスをしっかりして
ユーザー車検で更新するのが一番です。

ユーザー車検を行った方の
動画がありますので参考に
してみてください。

まとめ

この記事では・・・

  • 軽自動車の車検の平均相場
  • 軽自動車の車検の法定費用
  • ディーラーごとの車検費用の比較
  • カー用品店・車検受付店の費用比較
  • ユーザー車検にかかる費用
  • ガソリンスタンドでの車検費用
  • ディーラーでの車検が高い理由
  • 少しでも車検費用を抑えるならユーザー車検

という内容をご紹介しました。

ユーザー車検を行うことが
一番経済的だという結論ですが、
初めてでは自分でも出来るのかと
不安になりますよね。

ユーザー車検について
まとめた記事がありますので
参考にして挑戦してみましょう。

⇒軽自動車のユーザー車検の費用はいくら?車種によって価格は違う?

ユーザー車検に出すのと
ディーラーに任せるのとでは
3~4万円の差になります。

4万円は大きいです。
タイヤ4本新品にすることも
出来ますよね。

次回の車検はユーザー車検で行い
車検費用を節約してみては
いかがでしょうか。



車を売りたい人必見!後悔しない売却のコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。





車の買い替え!後悔しない探し方

車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。

※「非公開車両」とはネット上に出回らない条件の良いクルマです。
※「非公開車両」は公開車両の何倍もあると言われています。

もし公開車両を自分で探すと、

・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない
・自分で調べる手間が大幅にかかる
・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない

など悩みが尽きません。

しかし、「非公開車両」を扱う
「ズバット車販売」
なら申し込むだけで、

・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える
・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる
・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える

など、メリットがたくさん。
自分で時間をかけて選んた後から、
故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。

⇒ズバット車販売で非公開車両の詳細を確認する

車検

車の保険料を節約したい人必見!
車の保険に加入する人の80%が
『比較』をせずに決めています。

※車の査定は複数の業者間で
比較をせずに保険に加入すると
平均で25,000円も損をする
という調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・保険は種類が多く複雑で探すのが面倒
・知り合いにお願いされてそのまま加入した
・昔から使って変更の手続きが面倒だから

などの理由からではないでしょうか?

そんなあなたには
車保険の一括見積もりがオススメです。

・複数社で比較するから一番安く選べる
・安くなった分はプランの充実にまわせる
・無料でたった3分で申し込みができる
・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる

比較することで、平均で25000円以上
中には最大50000円お得になった
という声もあります。


⇒平均2.5万円お得になる無料見積もりの詳細を確認する

編集部 ドライブミニをフォローする

にほんブログ村 車ブログへ






ドライブミニ~軽自動車の専門サイト~