軽自動車と電気自動車の維持費はどっちが安い?徹底比較してみた

近頃、軽自動車の販売が増えてきていて、
軽自動車を買うべきか、
普通車を買うべきか、そして新しい
選択肢として電気自動車を
買うべきかという悩みがありますよね?

私も軽自動車を買うか、
電気自動車を買うべきか悩みました。

その時にどの点で比べたら
いいのかわかりませんよね?

その時に比べる要素として、
維持費が重要となってきます!

したがって今回は軽自動車と
電気自動車の維持費どちらが安いのか
見ていこうと思います。

軽自動車と電気自動車の維持費はどっちが安い?値段を比較!

軽自動車と電気自動車の
維持費はどちらが安いのでしょうか。

その値段を比較していきます。

まず、軽自動車と電気自動車の
大きな違いとしては
電気自動車はガソリンを
必要としないということです。

しかしそれ以外で維持費としては
違いがなくガソリン代の差を
見て考えるべきです。

例えば、6年間の保有を前提に
同クラスのガソリン車と、
電気自動車を比較した場合、
月間走行距離1000㎞なら、
電気自動車の燃料代は8万6千円、
ガソリン車の場合は67万円ということになります。

その差は約60万円ともなり、
中古の車だと1台も買えることになります。

 

軽自動車の電気自動車は三菱しか販売してない?

軽自動車の電気自動車と言えば
三菱が有名ですよね。

2018年9月には新しい電気自動車が
発売されるということで
三菱は電気自動車のトップを
走っていることは間違いありません。

しかし三菱しか販売していない
ということはありません。

他社も続々と軽自動車の
電気自動車を出しております。

ただ日本国内では
三菱しか販売しておりません。

いくつか例を紹介していきます。

フォルクスワーゲン e-up!


出典:https://response.jp/

これは2014年の10月に
発売された電気自動車です。

最高速度は130㎞で、
加速がスムーズです。

充電1回の走行距離は185㎞のため、
1日の走行距離が長い人でも
十分に利用することができます。

特徴としては、
「Normal」「ECO」「ECO+」
の3種類の走行モードがあり、
切り替えることができます。

順に早さは落ちますが、
電力消費を減らすことができ、
使い分けることができます。

ベンツ スマートフォーツー エレクトリックドライブ


出典:http://autoc-one.jp/

これは2012年の12月に
発売された電気自動車です。

2人乗りの電気自動車で、
コロンと丸いフォルムがかわいいです。

特徴としては、
コンパクトカーに匹敵する
55kwの最高出力で、パワーがあります。

また、リチウムイオン電池は
走行性能の安定性を図るため
底面に配置しており、
低重心化が図られています。

そのためコーナリングがスムーズです。

軽自動車の電気自動車にはどんな車種がある?

ではその三菱の電気自動車の
軽自動車にはどんな
車種があるのでしょうか。

今回はその中から
3つ見ていきたいと思います。

その3つは
i-MiEV、ミニキャブMiEVバン、
ミニキャブMiEVトラックです・

「MiEVシリーズ」として出しています。
その意味は

M:mitubishi(三菱)
I:innovasion(イノベーション)
E:electoric(エレクトリック)
V:vehicle(ヴィークル)

1.i-MiEV


出典:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/index.html

 

まず三菱が出している
軽自動車の電気自動車はi-MiEVです。

2006年10月に発表して、
2009年に量産体制を築きました。

 

三菱は電気自動車の
軽自動車しか売っていません。

その中でi-MiEVは
乗用タイプの電気自動車です

ベースである「i」 は後ろに
エンジンがありますが、
それを取っ払って
モーターを積んでいます。

100%電気だけで走るという車です。

丸みを帯びたデザインで
小さいように見えますが、
室内スペースは意外と広いです。

新車価格は294万円とやはり、
軽自動車に比べて高くなっています。

 

2.ミニキャブMiEVバン


出典:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/index.html

次に三菱が出している
軽商用電気自動車の
ミニキャブMiEVバンです。

2017年の1月に一部を改良していて、
現在に至ります。

改良は、車両の充電中にも
空調の使用が可能となるような
エアコンを改良しています。

また、運転席&助手席シートヒーターも
標準装備とするなど、
既存の「寒冷地仕様」を
標準仕様化しています。

走行中の排出ガスも0だから、
食品の運搬にもぴったりです。

3.ミニキャブMiEVトラック


出典:https://clicccar.com/

最後は三菱が出している、
軽トラックタイプの電気自動車です。

販売台数も少なく、
結構レアな存在です。

1度の充電で
110㎞走ることができて、
新車価格は158万円となっています。

荷台の積載能力は一般的な
軽トラックの水準を保っていて、
荷台の長さは1940㎜、
荷台幅は1415㎜、
アオリの高さは290㎜あります。

軽自動車の電気自動車の新しい販売予定は?

気になるのはこれから、
新しい軽自動車の電気自動車が
販売されるかどうかですよね。

今後、販売されるかどうか
見ていこうと思います。

日産が、三菱との共同開発で、
軽自動車の新型EVを
計画しているという情報があります。

新型軽EVのパワートレインには、
日産「リーフ」の
EV技術が用いられています。

モーターの最高出力は75PSで、
走行距離は200㎞を
目標に開発されています。

また、新型軽EVには
高速道路の同一車線上における
自動運転技術「プロパイロット」が
採用される可能性があります。

このように新しい軽自動車の
電気自動車が発売される予定があります。

非常に楽しみですね。

 

まとめ

今回は軽自動車の
電気自動車について話してきました。

やはり軽自動車は
ガソリンがいらない分
その維持費が必要なく
長い目で見たらかなりの額になります。

新しい軽自動車には
素晴らしい技術が備わっていて、
これからも期待されます。

また、ガソリン車にも燃費が良く、
維持費が安く済むものがあります。

特に軽自動車のスズキスペーシアの燃費はいいです。

その燃費の事については
次の記事で詳細を記載しています。

よかったら参考にしてみてください。

⇒軽自動車のスペーシアの評価はどう?新型との違いも比較!

ガソリン車で
燃費が良い車と、電気自動車。

どちらのほうが初期費用から、
維持費を合計して安いのか
じっくり考えて購入してみてください!

どちらも一長一短で
素晴らしいところもあり
悪いところもあります。

ゆっくり考えて
自動車を購入してください!



車を売りたい人必見!後悔しない売却のコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。





車の買い替え!後悔しない探し方

車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。

※「非公開車両」とはネット上に出回らない条件の良いクルマです。
※「非公開車両」は公開車両の何倍もあると言われています。

もし公開車両を自分で探すと、

・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない
・自分で調べる手間が大幅にかかる
・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない

など悩みが尽きません。

しかし、「非公開車両」を扱う
「ズバット車販売」
なら申し込むだけで、

・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える
・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる
・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える

など、メリットがたくさん。
自分で時間をかけて選んた後から、
故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。

⇒ズバット車販売で非公開車両の詳細を確認する

車比較

車の保険料を節約したい人必見!
車の保険に加入する人の80%が
『比較』をせずに決めています。

※車の査定は複数の業者間で
比較をせずに保険に加入すると
平均で25,000円も損をする
という調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・保険は種類が多く複雑で探すのが面倒
・知り合いにお願いされてそのまま加入した
・昔から使って変更の手続きが面倒だから

などの理由からではないでしょうか?

そんなあなたには
車保険の一括見積もりがオススメです。

・複数社で比較するから一番安く選べる
・安くなった分はプランの充実にまわせる
・無料でたった3分で申し込みができる
・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる

比較することで、平均で25000円以上
中には最大50000円お得になった
という声もあります。


⇒平均2.5万円お得になる無料見積もりの詳細を確認する

編集部 ドライブミニをフォローする

にほんブログ村 車ブログへ






ドライブミニ~軽自動車の専門サイト~