軽自動車の空気圧は高めがいいって本当?入れ方の基準は?

軽自動車の空気圧は
高めがいいって
聞いたことがないでしょうか?

空気圧を高めにしたら
燃費が良いし、なんでしないの?

こんな声を知人や
周りの人から言われることが
あると思います。

今回は本当に空気圧が
高いほうが本当にいいのか。

メリットデメリットなどを
見てきたいと思います。

軽自動車の空気圧は高めに入れた方がいい?ベストな入れ方は?

軽自動車の空気圧は
高めに入れたほうがいいのか?

ベストな入れ方
どのようなものなのでしょうか。

タイヤは高速で回転していると
遠心力がかかり、
押しつぶされてしまいます。

更に熱を持つと
破裂しやすくなります。

タイヤの耐久性が
今よりも低かった昔は、
空気圧が低めだと
こういった現象が起きやすく、
高速道路を走行する前には
空気圧を高めにといわれておりました。

しかし、現在ではタイヤの耐久性も
上がっております。

そのためその心配はなく、
適正な空気圧で
大丈夫といわれております。

 

軽自動車の空気圧を高めに入れるとどんなメリットがある?

軽自動車の空気圧は高めに入れると、
どんなメリットがあるのでしょうか。

見ていきます。

1.燃費が上がる

軽自動車の空気圧を高めに入れるときの
メリットの1つ目として燃費が上がる
ということがあります。

空気圧を高くすると、
タイヤの設置面積が
少なくなることにより、

抵抗が減少して、
燃費が良くなります。

自転車のタイヤの空気を
入れると少し軽くなると思います。

その原理と同じです。

2.タイヤが長持ちする

軽自動車の空気圧を高めに入れるときの
2つ目のメリットとして、

タイヤが長持ちする
ということがあります。

空気圧を高めに入れると、
空気が基準値より減ることによって、
無駄に擦れてダメージを負う
ということが比較的少なくなります。

そのため結果的に
タイヤも長持ちします。

しかし、あまりに入れすぎると
そのことによってタイヤが
ダメージを負ってしまうので
その点には注意が必要です。

3.軽く感じる

軽自動車の空気圧を高めに入れるときの
メリットとして3つ目のメリットが
軽く感じるということです。

タイヤの空気圧をあげると
設置面積が減ります。

そうすると車で曲がるときの
抵抗も少なくなりますので、
ハンドル動作も軽くなります。

軽自動車の空気圧を高めに入れるとデメリットもある?

軽自動車の空気圧を
高めに入れることでの
デメリットもあるのでしょうか。

見ていこうと思います。

1.乗り心地の悪化

軽自動車の空気圧を
高めに入れることでの
デメリットの1つ目として
乗り心地の悪化があります。

タイヤの空気圧が多いと、
乗り心地が固くなります。

極端に空気圧が高いと、
ブレーキや旋回性能が減少してしまいます。

極端に高いとこういった
硬すぎるという現象が生まれてきます。

2.旋回性能が低くなる

軽自動車の空気圧を
高めに入れることでの
デメリットの2つ目として、
旋回性能が低くなります。

極端に空気圧が高いと、
旋回性能が落ちてしまい、
まっすぐ走れないということも出ます。

事故にもつながりますので
この点はなおさら注意が必要ですね。

軽自動車の空気圧はお店によっても基準が違う?

軽自動車の空気圧は
お店によっても
基準が違うのでしょうか。

見ていきます。

タイヤの空気圧は、
タイヤの種類やサイズが同じでも、
車によっても空気圧は変わってきます。

最適な空気圧は
メーカーごとに決めており、
それを車両指定空気圧といいます。

この最適空気圧を
知らない人がたくさんいます。

JAFが2014年におこなった調査では、
自分の車の指定空気圧を
知らない人が36%もいました。

このことは大変なことですね。

もし空気圧が大幅に違ったら
事故にもつながってきますので
しっかりと把握することが
重要となります。

この指定空気圧は国産車の場合、
運転席のドアを開けたところに
ドアの側面か支柱(Bピラー)
ステッカーが貼られているので
そこで確認することができます。

輸入車の場合は、
Bピラーやドアの側面、
給油口の裏側に張っています。

しっかりとこの指定空気圧を
把握しないといけません。

軽自動車の空気圧が低すぎるとどうなるの?

軽自動車の空気圧が低すぎると
今度はどうなってしまうのか、
見ていきたいと思います。

空気圧が低すぎると、
高い場合と比べて
さらに危険性が増えます。

具体的に以下の問題が生じます。

・燃費が悪化

・編摩耗

・タイヤがグニャグニャとなり、
安定性が悪化

・ホイールからタイヤビート部分が
外れやすくなる

このように空気圧が低下して、
そのままにしてしまうと
悪いことしかありません。

したがってしっかりと
空気圧を把握して減ったら
入れるということを
癖付ける必要があります。

まとめ

今回は軽自動車の空気圧が
高いほうがいいのか
どうなのかについてみてきました。

空気圧が高いほうがいい
というのは昔の考えで、
今ではタイヤの技術力や
安定力も上がっているので、
昔ほどタイヤの空気圧を
高くする必要はありません。

しかし、空気圧が低いと
問題が発生するので、
タイヤの空気圧はやや高めに
設定しておく方がいいと思います。

軽自動車にもタイヤにも
もちろん耐用年数というものがあります。

その把握をしっかりすることが
重要となります。

車の耐用年数については
次の記事で詳細を書いているので
参考にしてみてください!

⇒軽自動車の耐用年数はどれくらい?減価償却の計算方法も紹介!

タイヤのメンテナンス不足は
事故につながりますので
しっかりと気にしましょう。



車を売りたい人必見!後悔しない売却のコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。





車の買い替え!後悔しない探し方

車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。

※「非公開車両」とはネット上に出回らない条件の良いクルマです。
※「非公開車両」は公開車両の何倍もあると言われています。

もし公開車両を自分で探すと、

・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない
・自分で調べる手間が大幅にかかる
・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない

など悩みが尽きません。

しかし、「非公開車両」を扱う
「ズバット車販売」
なら申し込むだけで、

・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える
・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる
・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える

など、メリットがたくさん。
自分で時間をかけて選んた後から、
故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。

⇒ズバット車販売で非公開車両の詳細を確認する

メンテナンス

車の保険料を節約したい人必見!
車の保険に加入する人の80%が
『比較』をせずに決めています。

※車の査定は複数の業者間で
比較をせずに保険に加入すると
平均で25,000円も損をする
という調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・保険は種類が多く複雑で探すのが面倒
・知り合いにお願いされてそのまま加入した
・昔から使って変更の手続きが面倒だから

などの理由からではないでしょうか?

そんなあなたには
車保険の一括見積もりがオススメです。

・複数社で比較するから一番安く選べる
・安くなった分はプランの充実にまわせる
・無料でたった3分で申し込みができる
・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる

比較することで、平均で25000円以上
中には最大50000円お得になった
という声もあります。


⇒平均2.5万円お得になる無料見積もりの詳細を確認する

編集部 ドライブミニをフォローする

にほんブログ村 車ブログへ






ドライブミニ~軽自動車の専門サイト~