軽自動車の自転車の積み方を紹介!上手に固定させるコツ

車に自転車を積んでいろんな所へ
遠出ができたら、アウトドアの楽しみが
一層広がりますね。

最近は軽自動車でも、
それができるようになりましたが、
どの車種でも自転車を積める
というわけではありません。

そこで、自転車が積める軽自動車はどれなのか、
また、軽自動車にうまく自転車を積む方法や
その固定の仕方などを合わせて紹介します。

軽自動車に自転車を積むことってできるの?

 

最近の主流になっているのが
27インチの自転車で、平均的な大きさは、
長さ1800×幅575×高さ1070(単位:mm)
くらいあります。

この自転車を積むことができるのは、
スーパーハイトワゴン
呼ばれるタイプの軽自動車です。

軽自動車に自転車を積むのにおすすめの車種5選!

運転者を含めて2人が乗車した状態で、
27インチの自転車が積める
軽自動車をピックアップしてみました。

 1.ダイハツ ウェイク

出典:www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/index.htm

室内高さ×幅×奥行1455×1345×2215(単位:mm)
新車販売価格130.5~184.1万円
JC08モード燃費23.2~25.4km/L

・室内高1455mmは軽自動車の中で
もっとも高く、開口部も大きいので
自転車も楽々積めます。

助手席を倒した状態で、
27インチの自転車が2台積めるのは
スゴイとしか言いようがないですね。
しかも、積み方しだいでは、
運転席の後ろにも1人乗車できます。

自転車を固定するための
金具やベルトなどのツールが標準
またはオプションで用意されているので、
サイクリングが趣味という人には
最適の車種と言えます。

2.ホンダ N-BOX


出典:www.honda.co.jp/Nbox/

室内高さ×幅×奥行1400×1350×2240(単位:mm)
新車販売価格138.5~182.6万円
JC08モード燃費23.4~27.0km/L

・N-BOXはシートアレンジの多彩さや、
スペース効率の良さで、
広いラゲッジスペースを実現しています。

さらに、リアゲートからの開口部が非常に
大きく、開口部の地上高は480mmと、
とても低いので、27インチの自転車でも
楽々積み下ろしができます。

3.ダイハツ タント


出典:www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/

室内高さ×幅×奥行1365×1350×2200(単位:mm)
新車販売価格122.0~162.5万円
JC08モード燃費24.6~28.0km/L

・センターピラーのない、
ミラクルオープンドアのユーティリティ性で
気が高いタントですが、荷室空間も広く
たくさんの荷物を積むことができます。

タントはバックドアの開口部は
あまり広くないので、自転車を積むときは、
ミラクルオープンドアを活用して、
サイドから積むほうがうまく積むことができます。

4.スズキ スペーシア


出典:www.suzuki.co.jp/car/spacia/

室内高さ×幅×奥行1375×1320×2215(単位:mm)
新車販売価格127.4~158.9万円
JC08モード燃費26.4~30.0km/L

・スペーシアのリアシートは、
女性でも簡単に収納ができ、開口部が広く、
地上高は低いので、
大きな荷物の積み下ろしも楽です。

27インチの自転車を2台積むのは、
さすがに厳しいかもしれませんが、
27インチ1台と子供用自転車が
1台くらいなら楽に積めそうです。

5.日産 デイズルークス


出典:www3.nissan.co.jp/vehicles/new/dayzroox.html

室内高さ×幅×奥行1400×1320×2235(単位:mm)
新車販売価格130.6~203.7万円
JC08モード燃費20.6~22.0km/L

軽自動車にはなかった高級感と快適性を
優先した車種ですが、車内空間は広く、
室内高はスーパーハイトワゴンでも
トップクラスの1400mmを確保しています。

開口部の地上高が600mmと低く、
27インチ自転車も
楽に積み込むことができます。

軽自動車に自転車を上手に固定させるコツ!注意点も紹介

自転車をルーフやリアゲートに載せて
走っている車を
見かけたことがあると思いますが、

軽自動車の場合は、
高さや幅の制限を超えてしまい

何より安全上の観点から
お薦めではありません。

そこで、軽自動車の車内に
載せることになりますが

ただ突っ込んでしまうだけだと、

自転車や車にキズがついたり、
走行中にズレたりするので、
ちゃんと固定する必要があります。

後部座席をたたんだときに、
前部座席との間に隙間がある車種なら、

自転車の前輪を直角に曲げて
挟んでしまえば、
それだけでもかなり安定します。

軽自動車の荷室には荷物を固定する
ための金具が装備されているので、
それを利用して、荷締めベルトで
固定するのが簡単で確実な方法です。

車種によっては、自転車を固定するための
金具やベルトなどのツールが
オプションで用意されているので、

頻繁に自転車を積むという人は、
これを装備してしまうのが良いでしょう。

メーカーオプション以外にも、
突っ張りポールの要領で、
荷室に固定できるスタンドなどの
様々なツールが販売されています。

ただし、中には自転車の前輪を
取り外す必要があるものなどがあり、
購入の際には自分の車に合った
仕様や規格かどうかを確認しましょう。

まとめ

今回は27インチの自転車が積める
軽自動車を紹介しましたが、

そこまで大きな自転車は持ってない人や、
子供用自転車を何台も載せたいという人には、

もう少し背の低いハイト系の軽自動車の中から、
自分のニーズに合った1台を
選ぶことをお勧めします

また、軽自動車に自転車を積むときには、
人がシートベルトをするのと同じように、
しっかり固定することを
忘れないようにしてください。

今回は軽自動車の
自転車の積み方を紹介しました。

こちらの記事では
軽自動車の引越しの荷物の積み方
紹介しています。

⇒軽自動車で引越しの荷物を運べる?気を付けるべきこと5つ!

こちらもぜひ参考にしてくださいね。



車を売りたい人必見!後悔しない売却のコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。





車の買い替え!後悔しない探し方

車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。

※「非公開車両」とはネット上に出回らない条件の良いクルマです。
※「非公開車両」は公開車両の何倍もあると言われています。

もし公開車両を自分で探すと、

・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない
・自分で調べる手間が大幅にかかる
・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない

など悩みが尽きません。

しかし、「非公開車両」を扱う
「ズバット車販売」
なら申し込むだけで、

・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える
・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる
・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える

など、メリットがたくさん。
自分で時間をかけて選んた後から、
故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。

⇒ズバット車販売で非公開車両の詳細を確認する

カスタム

車の保険料を節約したい人必見!
車の保険に加入する人の80%が
『比較』をせずに決めています。

※車の査定は複数の業者間で
比較をせずに保険に加入すると
平均で25,000円も損をする
という調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・保険は種類が多く複雑で探すのが面倒
・知り合いにお願いされてそのまま加入した
・昔から使って変更の手続きが面倒だから

などの理由からではないでしょうか?

そんなあなたには
車保険の一括見積もりがオススメです。

・複数社で比較するから一番安く選べる
・安くなった分はプランの充実にまわせる
・無料でたった3分で申し込みができる
・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる

比較することで、平均で25000円以上
中には最大50000円お得になった
という声もあります。


⇒平均2.5万円お得になる無料見積もりの詳細を確認する

編集部 ドライブミニをフォローする

にほんブログ村 車ブログへ






ドライブミニ~軽自動車の専門サイト~