軽自動車の車庫証明は不要って本当?証明が必要になる手続きとは?

車を購入するときに
必要な書類「車庫証明」

車の保管場所である駐車場の
自宅からの距離や駐車する
区画などを示した書類です。

軽自動車では車庫証明は不要
という認識の方が多いでしょう。

住民票と認印があれば購入出来る
軽自動車にも、車庫証明の発行が
必要になる場合もあります。

今回は軽自動車の車庫証明
について解説していきます。

軽自動車は車庫証明が不要で登録ができるって本当なの?

軽自動車の登録(購入)の際、
必要となる書類は住民票と認印
の2つです。

ということは、車庫証明は不要で
登録できるということになります。

実際、私も軽自動車に乗っていますが
軽自動車のために車庫証明を
取得したことは今のところありません。

販売店でも軽自動車の場合は
案内されることも少ないです。

軽自動車の車庫証明が不要になるかどうかは地域によって異なる?

基本的には車庫証明不要で
登録が出来る軽自動車ですが、
地域によって必要になる場合が
あります。

首都圏などの駐車場の土地が
限られている地域や、人口の多い
市町村などでは車庫証明が必要
になってきます。

車庫証明の必要な地域で
手続きを済ませていない場合、
10万円以下の罰金を課せられて
しまうこともあります。

ナンバーの取得から
15日以内に手続きしましょう。

必要な市区町村の一覧は
以下のとおりになっています。
(2018年8月現在)

北海道
北海道札幌市、江別市、函館市の一部、小樽市、旭川市、室蘭市、
苫小牧市、釧路市、帯広市、北見市
東北地方
青森県青森市、弘前市、八戸市
秋田県秋田市の一部
岩手県盛岡市の一部
宮城県仙台市、石巻市の一部
山形県山形市、鶴岡市の一部、酒田市の一部
福島県福島市の一部、会津若松市の一部、郡山市、いわき市
関東地方
東京都23区、八王子市、立川市、武蔵野市、三鷹市、青梅市、府中市、昭島市、調布市、町田市、小金井市、小平市、日野市、東村山市、国分寺市、国立市、狛江市、東大和市、清瀬市、東久留米市、多摩市、稲城市、西東京市
埼玉県さいたま市、川越市、熊谷市の一部、深谷市の一部、川口市、蕨市、戸田市、所沢市、狭山市、入間市、春日部市の一部、草加市、越谷市、八潮市、三郷市、上尾市、朝霞市、志木市、和光市、新座市、富士見市、ふじみ野市
神奈川県横浜市、川崎市、相模原市、厚木市、大和市、海老名市、座間市、横須賀市、逗子市、平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、小田原市
千葉県千葉市、佐倉市、習志野市、市原氏、八千代市、市川市、船橋市、松戸市、野田市の一部、柏市、流山市、我孫子市、鎌ヶ谷市、浦安市、木更津市
茨城県水戸市の一部、日立市の一部、ひたちなか市、土浦市の一部、つくば市の一部
群馬県前橋市の一部、伊勢崎市の一部、高崎市の一部、桐生市の一部、太田市の一部
栃木県宇都宮市、足利市、小山市
東海地方
愛知県名古屋市、一宮市、瀬戸市、半田市、春日井市、小牧市、豊橋市、豊川市の一部、岡崎市の一部、刈谷市、豊田市の一部、安城市
静岡県静岡市、焼津市の一部、藤枝市の一部、浜松市、沼津市の一部、三島市、富士宮市の一部、富士市の一部
岐阜県岐阜市の一部、各務原市の一部、大垣市の一部、多治見市の一部
三重県津市の一部、松阪市の一部、四日市市の一部、桑名市の一部、鈴鹿市、伊勢市の一部
甲信越地方
山梨県甲府市の一部
長野県長野市の一部、松本市の一部、上田市の一部、飯田市の一部
富山県富山市の一部、高岡市の一部
新潟県新潟市の一部、長岡市の一部、上越市の一部
石川県金沢市、小松市
福井県福井市の一部
近畿地方
滋賀県大津市の一部、草津市、彦根市
京都府京都市、宇治市、長岡京市
大阪府大阪市、堺市の一部、泉大津市、和泉市、高石市、岸和田市、豊中市、池田市、箕面市、吹田市、高槻市、茨木市、摂津市、守口市、枚方市、寝屋川市、大東市、門真市、四條畷市、交野市、八尾市、柏原市、東大阪市、富田林市、河内長野市、松原市、羽曳野市、藤井寺市、大阪狭山市
奈良県奈良市の一部、大和高田市、橿原市、生駒市
和歌山県和歌山市
兵庫県神戸市、尼崎市、西宮市、芦屋市、伊丹市、宝塚市、川西市、明石市、加古川市、姫路市の一部
中国地方
岡山県岡山市の一部、倉敷市の一部
広島県広島市、呉市の一部、東広島市の一部、福山市の一部
山口県下関市の一部、宇部市の一部、山口氏の一部、防府市、周南市の一部、岩国市の一部
鳥取県鳥取市の一部、米子市の一部
島根県松江市の一部
四国地方
香川県高松市の一部
愛媛県松山市の一部、今治市の一部、新居浜市の一部
徳島県徳島市
高知県高知市の一部
九州・沖縄
福岡県北九州市、福岡市、大牟田市、久留米市の一部
大分県大分市の一部、別府市
熊本県熊本市中央区、東区、西区、南区の一部、北区の一部、八代市の一部
宮崎県宮崎市の一部、都城市の一部、延岡市の一部
佐賀県佐賀市の一部
長崎県長崎市の一部、佐世保市の一部
鹿児島県鹿児島市の一部
沖縄県那覇市、沖縄市

軽自動車の車庫証明が必要な手続きはどんなものがある?

軽自動車で車庫証明が必要になる
場面は以下のとおりです。

  • 新車・中古車を購入したとき
  • 名義変更などで軽自動車を手に入れたとき
  • 転居によって車庫証明が必要な地域に引っ越したとき
  • 月極駐車場の契約など、駐車場所が変わるとき

このような場面で、軽自動車の
車庫証明が必要な地域に
住んでいる場合には手続きを
行う必要が出てきます。

軽自動車の車庫証明はどうやって申請する?書き方も紹介!

車庫証明の手続きを
ご自身で行う場合は、
管轄の警察署で行います。

必要書類とその記入方法を
順にご紹介していきます。

1.自動車保管場所届出書


出典:http://www.syako.car-u.co.jp/

自動車保管場所届出書
複写式になった用紙で、
保管場所標章申請書と
控えがひとつになっています。

記入内容は以下のとおりです。

①車名販売店で車の購入時に自分で手続きを行う場合は、①~④は販売店が記入してくれます。
個人売買や転居の場合は車検証を見ながら記入しましょう。
②型式
③車台番号
④自動車の大きさ
⑤自動車の使用の本拠の位置実際に居住している、住民票の住所を記載します。
⑥自動車の保管場所
の位置
車を駐車する場所の住所を記載します。
⑦届出先の警察署提出先の警察署名を記載します。
⑧ 提出年月日提出する日付を記載します。
⑨申請者車の所有者(使用者)を記載します。複写式なのですべての用紙に捺印します。
⑩住所⑤と同じです。
⑪登録区分新規」が車を購入して新たに登録する時
「変更」が保有者の住所等の変更時
「移転」が車両の変更時に使用します。
⑫申請自動車の登録番号車のナンバーを記入します。
⑬申請自動車の区分「増車」が車の追加で、自宅に2台停めるスペースがあり、2台目を追加する際などが該当します。
「代車」は車の買い替えなどが該当します。
⑭保管場所の所有区分持ち家の自宅に停める場合は「自己単独」
マンションなどの共有地は「共有」
月極め駐車場や親族名義の土地の場合は「その他」です。
⑮連絡先昼間連絡の取れる携帯番号や会社の番号などを記入します。

2.自認書/承諾書

出典:http://www.syako.car-u.co.jp/

保管場所が持ち家の自宅など
の場合は「自認書」を提出します。

記載箇所は
日付、氏名、住所、捺印です。
他の箇所は提出時に指示が
あったら記入すればかまいません。

出典:http://www.syako.car-u.co.jp/

駐車場所が賃貸の駐車場や
月極駐車場の場合は、管理会社や
大家さんの許可が必要になるので
「承諾書」を提出します。

こちらは駐車場を契約している
管理会社や不動産会社に持参して
記入・捺印をしてもらいます。

記載してもらうには手数料が
必要になる場合があり、手数料の
相場は2,000~3,000円
となっています。

4.使用している位置が確認できるもの

住所を証明する書類を提示します。

  • 免許証
  • 住民票
  • 公共料金の領収書
  • 消印の押されている郵便物

などでOKです。

5.保管場所の配置図

出典:http://www.syako.car-u.co.jp/

所在図・配置図には、自宅から駐車場
までの簡単な地図と、駐車場内の
自分の使う区画の位置、寸法
記載します。

出入り口、駐車場前の道幅、
駐車区画の長さと幅が必要です。

自宅から駐車場までは
2km以内と定められていますので
その範囲内で駐車場を
用意しましょう。

車庫証明の書類の書き方を
解説している動画も
ありますので参考に
してみてください。

軽自動車の車庫証明の費用はどれくらいかかる?

車庫証明の手続き費用は
地域によって異なりますが
おおむね500円前後です。

500円の収入印紙を購入し申請書に
貼り付けますが、警察署によって
印紙の販売窓口が別に設置されて
いることがあります。

窓口で支払いの場合もあるので
手続きをする警察署で確認
しておきましょう。

なお、申請書類の提出後、
標章が発行されるまで
3~4日かかります。

車庫証明の申請と受け取りで
2回平日に警察署に行く必要
があります。

まとめ

この記事では・・・

  • 軽自動車は基本的には車庫証明は不要
  • 地域によって軽自動車も車庫証明が必要になる
  • 車庫証明の手続きに必要な書類
  • 手続き費用は500円前後

という内容をご紹介しました。

販売店側でも、軽自動車の
車庫証明は不要という認識の
方が多いです。

本来必要な地域なのに説明を受けておらず、
「うちの地域必要なの!?」となった方も
いらっしゃるのではないでしょうか?

罰則の対象になることも
ありますので速やかに
手続きしましょう。

車庫証明だけでなく、
ナンバープレートの紛失や
汚損があった際も、手続きが
必要です。

ナンバーに関わる手続きに
ついてまとめた記事もありますので
参考にしてみてください。

⇒軽自動車のナンバーの再交付はどこで出来る?必要書類も紹介!

車庫証明の手続きは
書類を用意して警察署に
提出するだけなので
とても簡単です。

販売店などに代行を依頼すると
3,000~15,000円ほどかかりますので、
手続き費用の節約のためにも
覚えておくと良いでしょう。



車を売りたい人必見!後悔しない売却のコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。





車の買い替え!後悔しない探し方

車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。

※「非公開車両」とはネット上に出回らない条件の良いクルマです。
※「非公開車両」は公開車両の何倍もあると言われています。

もし公開車両を自分で探すと、

・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない
・自分で調べる手間が大幅にかかる
・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない

など悩みが尽きません。

しかし、「非公開車両」を扱う
「ズバット車販売」
なら申し込むだけで、

・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える
・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる
・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える

など、メリットがたくさん。
自分で時間をかけて選んた後から、
故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。

⇒ズバット車販売で非公開車両の詳細を確認する

事務手続き

車の保険料を節約したい人必見!
車の保険に加入する人の80%が
『比較』をせずに決めています。

※車の査定は複数の業者間で
比較をせずに保険に加入すると
平均で25,000円も損をする
という調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・保険は種類が多く複雑で探すのが面倒
・知り合いにお願いされてそのまま加入した
・昔から使って変更の手続きが面倒だから

などの理由からではないでしょうか?

そんなあなたには
車保険の一括見積もりがオススメです。

・複数社で比較するから一番安く選べる
・安くなった分はプランの充実にまわせる
・無料でたった3分で申し込みができる
・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる

比較することで、平均で25000円以上
中には最大50000円お得になった
という声もあります。


⇒平均2.5万円お得になる無料見積もりの詳細を確認する

編集部 ドライブミニをフォローする

にほんブログ村 車ブログへ






ドライブミニ~軽自動車の専門サイト~