軽自動車のエンジンオイルの交換時期は?選び方もご紹介!

乗用車には全てエンジンオイルが
ありますよね?

このエンジンオイルはメンテナンス時
などに定期的に交換する必要があります。

ですが、エンジンオイルの交換時期を
具体的に知っている人はあまりいないの
ではないでしょうか?

多くのドライバーさんがなんとな~く
「そろそろかな・・・」的な感覚で交換
する場合がほとんどではないでしょうか?

乗用車の種類によって時期は多少異なる
ようですが、今回は軽自動車に特化して
エンジンオイルの交換時期を解説して
いきたいと思います。

興味がある人はぜひ、読んでみてくだ
さいね(*’▽’)

軽自動車のエンジンオイルの交換時期はいつなの?

エンジンオイルはエンジンをスムーズに
動かすための潤滑油の役割を担っています
からエンジンの回転数によって、

エンジンオイルはどんどん劣化していき、
不純物なども混ざるようになっていくの
です・・・。

そうすると軽自動車のエンジンに負担が
かかってくるので、車の寿命を縮めると
いったことにもなりかねません。

そのような理由から、定期的なオイルの
交換はかかせなくなってくるわけですね。

軽自動車の場合ならば、交換時期の
目安はだいたい1年ごとになります。

走行距離で言うならば、約15,000キロ
走るごとに好感するのが理想とされて
いるようです!

軽自動車のエンジンオイルの交換時期は過ぎても大丈夫?

軽自動車のエンジンオイルの交換時期を
過ぎても大丈夫ではありますが、

あまり放置しすぎるとエンジンに良くない
状態ではありますので、あまりおすすめは
しません!

交換時期を過ぎてしまったら、あまり
車には乗らずに1~2週間ほどでオイル
交換をした方がいいでしょう。

軽自動車のエンジンオイルの交換時期!価格はいくら?

軽自動車のエンジンオイルの交換時期
については先ほど解説しましたが一番
気になるのは費用についてですよね?

エンジンオイルはオイルを交換する
店舗によって若干ですが、費用が異なる
こともあります・・・。

ですから、エンジンオイルの費用を
少しでも抑えるならばできるだけ安い
場所を選ぶといいでしょう。

1.ガソリンスタンド

そのエンジンオイルの交換にかかる
費用てですが、1Lあたり約1,000円
前後が相場となるようです。

軽自動車のオイルの容量は2.5Lなので、
単純に計算すると約2,500円~約5,000円
前後と考えておくといいでしょう。

エンジンオイルについてはガソリン
スタンドを含めてもそこまで、費用に
大幅な違いはないようです。

2.カーショップ

ガソリンスタンドのエンジンオイルの
費用とカーショップの費用はほぼ変わり
ません。

軽自動車のエンジンオイルはカーショップ
であれば、店舗によって多少は安くなる
可能性があります。

オイルの費用は約2,300円~約4,800円
前後となってくるようです。

3.ディーラー

軽自動車のエンジンオイルはディーラーで
交換すると、少々高くなることがあります。

そこまで大幅になることはありませんが、
平均の相場で言うと約2,500円~約5,000円
前後となってくるようです!

費用的にはガソリンスタンドやカー用品店
などで行ってもらう方がお得かも・・・。

軽自動車のエンジンオイルの交換は自分で出来る?

軽自動車のエンジンオイルの交換は
自分で行うこともできるんですか?

オイル交換の費用を少しでも抑える
ためにそう考える人も多いのではない
でしょうか?

結論から言うと、エンジンオイルの
交換であれば自身で行うことも全然
可能です。

ですから、車のオイルの交換を自身で
行ってみたいならば思っているよりも
簡単に行えるのでチャレンジしてみても
いいかもしれません(‘ω’)ノ

軽自動車のエンジンオイルの選び方のポイントは?

軽自動車のエンジンオイルを自身で
交換するならば、自身でオイルを選ぶ
必要がありますよね?

オイルの選び方にはいくつかポイントが
あるのです(*’ω’*)

この3つのポイントが車種や走り方、走る
領域や季節に合うものを選ぶことがマイカー
寿命を長持ちさせる要素となるのです♪

1.オイルの種類

軽自動車のエンジンオイルの種類は
まずベースを選らぶことがとても重要
です。

ベースオイルには主に下記の3つ
ようなものがあります!

3つのベースオイルの種類

●100%化学合成油(化学合成油)
●部分合成油
●鉱物油

軽自動車の用途によってべースの
オイルの種類を選ぶようにしてみて
くださいね☆

2.オイルの見方

軽自動車のエンジンオイルの見方は
車の用途によって特徴を見分けるように
しましょう。

また、数字が大きければ大きいほど
高温時でもオイルが堅いということ
なので、

数字の大きさについてもきちんと
見分けるようにしてくださいね!

3.製法の違い

軽自動車を含め自動車のエンジンオイル
には、製法の違いがあります。

上記でもお伝えした内容ではありますが、
次の3つのオイルの製法を確認して用途に
よってオイルを選ぶようにしましょう!

●100%化学合成油(化学合成油)
●部分合成油
●鉱物油

4.規格等級

軽自動車などのエンジンオイルは
規格等級にも違いがあります。

基本的に規格には下記の2つのような
ものがあるので、参考までに簡単で
いいので、覚えておくといいでしょう。

API規格

●米国石油協会(API)
●アメリカ自動車技術者協会
●アメリカ材料試験協会の三者が定める規格。

ILSAC(GF-5)規格

●日米の自動車工業会が定める規格。
●API規格に省燃費性能を加えて考えられている規格。

5.粘度

 

軽自動車に限ったことではありませんが、
エンジンオイルを選ぶときは粘度にも違い
があることを知っておいてください。

粘度の違いによってエンジンを回転
させたときの吸い付き方などの感じ方に
違いがあるかと思います!

粘度とは、エンジンオイルがどの気温で
使用が可能なのかどうかを示すものである
といえます。

オイルも温度低いとバターと同じように
固まってしまうのです(*´ω`)

軽自動車のエンジンオイルのおすすめ3選!

軽自動車のエンジンオイルでおすすめな
商品からオイルを選びたいと感じている
人もいるかと思いますので、

もしオイル選びにお困りの人は下記の
商品のなかから選んでみるのがいいの
ではないでしょうか?

もちろん車によっては使用できない
エンジンオイルもあるかもしれません
ので、そこは予めご了承ください(+o+)

おすすめのエンジンオイルを3つほど
厳選してきたので、参考にしてみて
くださいね♪

1.カストロール エッジ チタニウム


出典:https://item.rakuten.co.jp/

Castrol(カストロール)社の高出力の
エンジンを搭載したスポーツカー向けの
エンジンオイルとなっています。

100%化学合成油で高級な欧州車にも
使用することが可能となっています!

コスパは非常に良いと思います!エンジン音が静かになって吹け上がりも軽く感じるので、購入して良かったです。

前回購入しエンジンの立ち上がりも良く満足しました☆この価格でその品質ならとてもコストパフォーマンスが高いと思います。

優れた高温酸化安定性によって
高回転、高負荷連続走行時の
エンジンオイルの劣化を抑えます!

⇒「カストロール エッジ チタニウム」の詳細を確認する

長期間にわたって最高のエンジン
パフォーマンスを引き出してくれる
上品質なエンジンオイルです。

2.TOYOTA エンジンオイル


出典:https://www.amazon.co.jp/

トヨタ社のハイブロット車向けの
低粘度のエンジンオイルです!

純正のオイルなので、コストパフォー
マンスにも非常に優れています。

今までのモービル1を使ってましたが、こちらは昨年秋から発売され、しかも100%合成油にしては手ごろな価格で純正、感じもよく安心して使えます!

はっきり言って、お薦めです!エンジンの回り方は今まで使っていた社外品と同等に滑らかになったし、燃費も毎日の通勤路で同じ運転条件で5%位向上しました。

価格的にも安いので半信半疑になる
人もいるようですが、どこでも入手が
可能で燃費も向上します☆

⇒「TOYOTA エンジンオイル」の詳細を確認する

こちらは0W-20エンジンオイルが推奨
されている車以外には使用できないよう
なのでご注意を!

3.TAKUMIモーターオイル


出典:https://www.amazon.co.jp/

化学合成のオイルにしては価格が
安くて、非常に人気の高いエンジン
オイルの1つです!

比較的、粘度が高いので速度が吸い
つくようにつてくるような感じが
すると思います。

ホンダリードも500ccですので、ちょうど使い切るのでとても楽です!価格もリースナブルなので満足しています。

燃費・油圧・エンジン音等、劇的に良くなりました!すでに交換してから3000km走っていますが、まだ劣化した感じはありません。

価格がリースナブルでありながら
口コミの評価が非常に高かった
エンジンオイルです☆

⇒「TAKUMIモーターオイル」の詳細を確認する

安いからと言ってエンジンに何の影響も
ありませんので、おすすめのエンジン
オイルを探している人には最適です。

まとめ

いかがでしたか?

今回はエンジンオイルの交換時期の
目安と価格やおすすめのエンジン
オイルについての解説でした。

最後に簡単ではありますが、今回の
まとめを記載しておこうかと思います!

軽自動車のエンジンオイルの交換時期

1.ガソリンスタンド:約2,500円~約5,000円前後
2.カーショップ:約2,300円~約4,800円前後
3.ディーラー:約2,500円~約5,000円前後

また、車を頻繁に使用する人ならば
月のガソリン代ってバカになりません
よね?

1ヶ月にどれくらいのガソリン代を
消費しているのか考えたことがあり
ますか?

⇒軽自動車のガソリン代は1ヶ月にいくら?平均を調べてみた

この機会に毎月のガソリン代の費用を
把握して、今後の車のガソリン代の
節約について考えてみませんか?



車を売りたい人必見!後悔しない売却のコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。





車の買い替え!後悔しない探し方

車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。

※「非公開車両」とはネット上に出回らない条件の良いクルマです。
※「非公開車両」は公開車両の何倍もあると言われています。

もし公開車両を自分で探すと、

・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない
・自分で調べる手間が大幅にかかる
・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない

など悩みが尽きません。

しかし、「非公開車両」を扱う
「ズバット車販売」
なら申し込むだけで、

・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える
・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる
・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える

など、メリットがたくさん。
自分で時間をかけて選んた後から、
故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。

⇒ズバット車販売で非公開車両の詳細を確認する

メンテナンス

車の保険料を節約したい人必見!
車の保険に加入する人の80%が
『比較』をせずに決めています。

※車の査定は複数の業者間で
比較をせずに保険に加入すると
平均で25,000円も損をする
という調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・保険は種類が多く複雑で探すのが面倒
・知り合いにお願いされてそのまま加入した
・昔から使って変更の手続きが面倒だから

などの理由からではないでしょうか?

そんなあなたには
車保険の一括見積もりがオススメです。

・複数社で比較するから一番安く選べる
・安くなった分はプランの充実にまわせる
・無料でたった3分で申し込みができる
・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる

比較することで、平均で25000円以上
中には最大50000円お得になった
という声もあります。


⇒平均2.5万円お得になる無料見積もりの詳細を確認する

編集部 ドライブミニをフォローする

にほんブログ村 車ブログへ






ドライブミニ~軽自動車の専門サイト~