軽自動車のリースは個人でもOK?月々1万円から乗れるって本当?

月々の車体費用を抑えられることが
メリットである軽自動車のリース。

維持費が明確になるので、経済的な
見通しが立てやすくなります。

その分、「自分のものではない」
ことから生じるデメリットも
存在します。

今回は軽自動車のリースについて
ご紹介していきます。

軽自動車のリースって一体どんな車なの?リースカーの特徴とは?

リースとは、月々の利用料を
支払うことで、定められた期間
軽自動車の使用権を得られるものです。

借りている間は、
購入するよりも安い費用で
新車に乗ることができます。

借りている車ではありますが、
レンタカーのような
「わ」ナンバーではなく
希望ナンバーの取得も可能です。

また、カーリースの料金には
自動車税や車検、メンテナンス費用も
含まれています。

リース料とガソリン代だけで
車を持つことができるというのが
最大のメリットであり特徴です。

軽自動車のリースが個人向けの車だと言われている理由とは?

リースの場合、残価の設定額
に応じた走行距離の制限があります。

法人で利用する場合は営業車など
走行距離が伸びやすい使い方が
多いでしょうから、リース料が
高くなってしまいます。

期間や走行距離を
個人の裁量で調整できる
ほうが、リースの良さを
引き出すことができます。

軽自動車のカーリースを利用するのに向いていない人もいる?

カーリースを利用するには
向いている人とそうでない人
が存在します。

車のことは良くわからない、
メンテナンスなどは任せたい
という方にリースは向いています。

しかし、リースよりも購入したほうが
良い方もいらっしゃいますので
ご紹介します。

1.廃車になるまで乗りたい人

リースの場合は
借りられる期間が決まっており、
走行距離にも制限があります。

自分のペースで長く愛車と
すごしたい方には、
リースは向きません。

2.金利や手数料を少しでも抑えたい人

リースは、メンテナンス費用
などが含まれるリース料と
残価の両方に、ローンよりも
高い金利がかけられています。

リース期間満了後に車を
買い取ることにすると、
最初からローンで購入するよりも
結果的に高くなってしまうのです。

金利や手数料など
車体代以外の費用を抑えたい方は
購入をしたほうが良いでしょう。

3.現金一括で払える人

先ほどの項目のとおり、
リースの場合は手数料や金利で
通常通り購入するよりも
全体の支払額は多くなります。

一括で購入できる方や、
急なメンテナンス費用にも
対応できる方は、現金一括で
購入するのが一番経済的です。

4.カスタマイズや改造したい人

リースの車は借りているものですので
自由なカスタマイズや改造はできません。

契約時にカラーやオプションを
選ぶことはできますが、その後
返却時に現状復帰が難しい
改造は控えなければなりません。

自分好みにカスタムしたいという
方は、購入して思う存分
カスタムを楽しみましょう。

5.メンテナンスを自分でやりたい人

リースにはメンテナンス費用も
含まれています。

ですから、カー用品店での
オイル交換などは行わず、
リース会社からのお知らせに
あわせて行うようになります。

6.走行距離が多い人

リース車両は走行距離に
応じて残価を設定します。

走行距離が短いほど
リース料金は安くなりますので
距離が長くなるほど残価が少なく
計算され、リース料が高くなります。

そうなると、高い金利や手数料を
含んだ支払いよりも
トータルの支払い金額が
購入のほうが安くなります。

走行距離が多いという方にも不向きです。

軽自動車のリースは自分で所有できる場合もあるって本当?

リースや「残価設定型クレジット」など、
残価を除いた金額を支払う
車の乗り方でも、自分で所有することは
可能です。

契約期間が満了した際に残る
残価を、一括もしくはローンで
支払うことにより、
自分のものにできます。

ただし、この場合支払い総額は
通常の購入よりも高くなります。

高くついても一定期間乗ってみて
合わなければ次の車、気に入ったら
購入という選び方をしたい方は、
リースから入るのも良いでしょう。

軽自動車のリースは毎月1万円から乗れるって本当なの?

走行距離に応じた設定残価によっては
月々1万円前後でリースできる
車両もあります。

その場合、残価の金額が高く設定されている
ので、事故で廃車になってしまったり
リース後に買い取りたいときに
負担が大きくなります。

単身赴任で車の必要な地域に行く方や
大学生の間だけ一人暮らしで車が必要など、
乗る距離が短く期間が決まっているから
購入はしない方には賢い車の持ち方です。

軽自動車のリースが毎月1万円から乗れる理由とは?

軽自動車のリースが
月々1万円で済む理由としては、
車体価格、メンテナンス費用、
税金などが安いことにあります。

リースはメンテナンスや税金も
含まれた金額なので
それぞれの金額が安ければ
リース料も安くなります。

まとめ

この記事では・・・

  • カーリースの特徴
  • カーリースは個人のほうが費用を抑えるのに向いている
  • カーリースに向いていない人の特徴
  • リースした車も所有することができる
  • 毎月1万円のリース料金で車を持つことができる

ということをご紹介いたしました。

任意保険料や駐車場代、燃料代はかかりますが
車体とメンテナンス費用を抑えられるのは
とても魅力的ですよね。

車の維持費で一番差が出るのが
ガソリン代。

もしリースをするなら、
荷物がたくさん積めて
燃費のいい車のほうが
便利ですよね。

ワンボックスの軽自動車で
燃費のいい車種をご紹介している
記事がありますので
参考にしてみてください。

⇒軽自動車のワンボックスの燃費!おすすめTOP5を比較してみた

車離れが深刻といわれている
昨今ですが、安く維持できるなら
車を持ちたいという方は
きっと多いはずです。

リースに興味が湧いた方は、ぜひ
検討してみてはいかがでしょうか。



車を売りたい人必見!後悔しない売却のコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。





車の買い替え!後悔しない探し方

車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。

※「非公開車両」とはネット上に出回らない条件の良いクルマです。
※「非公開車両」は公開車両の何倍もあると言われています。

もし公開車両を自分で探すと、

・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない
・自分で調べる手間が大幅にかかる
・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない

など悩みが尽きません。

しかし、「非公開車両」を扱う
「ズバット車販売」
なら申し込むだけで、

・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える
・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる
・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える

など、メリットがたくさん。
自分で時間をかけて選んた後から、
故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。

⇒ズバット車販売で非公開車両の詳細を確認する

購入ノウハウ

車の保険料を節約したい人必見!
車の保険に加入する人の80%が
『比較』をせずに決めています。

※車の査定は複数の業者間で
比較をせずに保険に加入すると
平均で25,000円も損をする
という調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・保険は種類が多く複雑で探すのが面倒
・知り合いにお願いされてそのまま加入した
・昔から使って変更の手続きが面倒だから

などの理由からではないでしょうか?

そんなあなたには
車保険の一括見積もりがオススメです。

・複数社で比較するから一番安く選べる
・安くなった分はプランの充実にまわせる
・無料でたった3分で申し込みができる
・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる

比較することで、平均で25000円以上
中には最大50000円お得になった
という声もあります。


⇒平均2.5万円お得になる無料見積もりの詳細を確認する

編集部 ドライブミニをフォローする

にほんブログ村 車ブログへ






ドライブミニ~軽自動車の専門サイト~