軽自動車のリフトアップは車検は通る?構造変更は必要?

箱バンの軽自動車を所有している人で
あれば1度はリフトアップをしてみようと
思ったことのある人もいるのでは?

リフトアップするのはいいですが、
なかにはリフトアップをしようと思った
ときに考えることはないでしょうか?

そう!リフトアップしたことで車検に
通らないのではないか?ということです
よね?

リフトアップを車検に通すには構造変更
というのが深く関わってきます・・・。

そのあたりを詳しく知りたい人もいる
かもしれないので、今回は軽自動車の
リフトアップをしたら車検に引っかかる
ことはあるのか?

また、もし引っかかるとしたらどう
したらいいのか?ということについて
解説をしていきたいと思います☆

軽自動車をリフトアップをするメリットは?

軽自動車をリフトアップすることで何か
得られるメリットはあるのでしょうか?

一番のメリットは純正の乗用車よりも
気高さや迫力感を出すことだと思います。

迫力感がアップするので、存在感が
アップしますよね?

見た目のインパクがリフトアップの
一番の魅力ではないでしょうか?

軽自動車のリフトアップは車検に通ることができるの?

軽自動車をリフトアップすると車検は
引っかかることがあるのでしょうか?

リフトアップをしても保安基準を
満たしていれば車検には問題なく
合格します☆

また、リフトアップだけではなく
軽自動車や普通車はタイヤを少し
大きくするだけでも、

簡単に車高を上げることが可能
なるのです!

ちなみに、車検に引っかからない
保安基準を満たす高さは「4センチ」と
なっています。

4センチ以内の高さであれば構造変更
なしで車検に通ることができるのです。

軽自動車のリフトアップが車検に通るのは何センチ?

上記で既にお話してしまいましたが、
軽自動車のリフトアップを車検に通す
ならば、

「4センチ以内」であれば構造変更
しなくても車検に通すことが可能と
なっています。

これはリフトアップだけではなく、
タイヤを交換した際に大きいサイズで
あれば車高が変わることもあります。

そういった場合も4センチ以内で収まる
のであれば、何の問題もありません!

軽自動車のリフトアップの構造変更って何?

軽自動車のリフトアップは4センチ
以内であれば構造変更をする必要は
ないと説明しましたよね?

ところで、構造変更って何のことか
知っていますか?

なかには構造変更そのものを知らない
人もいるかもしれませんね・・・。

通常の車検では通らない改造車を車検に
通すために「構造変更の申請」をする
必要があります。

構造変更の申請は陸運局で行うことに
なり、その際には必要になってくる
下記のような書類があります。

構造変更申請に必要な書類

●車検証のコピー
●改造自動車等届出書
●改造等概要説明書
●改造箇所の添付書類

軽自動車のリフトアップとインチアップの違いって?

軽自動車をリフトアップさせたいと
感じている人もいるかと思いますが、
似ている用語で「インチアップ」
ありますよね?

これら2つの具体的な違いについて
知っていますか?

用語は似ていますが、実は意味は
全く異なっています。

インチアップとは?

自動車に装着しているホイールのリム経を大きいものと交換すること

効果としてはファッション性を
高めて、足回りを好みのデザインに
変えることができるのです。

足回りが変わることで、見た目が
カッコよくなります☆

リフトアップとは?

自動車を改造して車高を上げることや、車高を上げた状態の自動車のこと

リフトアップすることで見た目に
迫力が出るようになり、障害が多い
道での走行がしやすくなる傾向が
あります。

軽自動車でリフトアップにおすすめの車種は?

軽自動車でリフトアップにおすすめな
車種についてですが、どのような車種が
向いているのでしょうか?

車種によってリフトアップをすることで
カッコよくなりやすい車種は「箱バン」
などがおすすめのようです。

通常の軽自動車よりも箱バンの方が
見栄えが良くなり、また改造もしやすい
という声もあります(*’ω’*)

軽自動車のリフトアップのデメリットは?

軽自動車をリフトアップすることで
得られるメリットがありあますが、
逆にデメリットあるのです。

リフトアップをすることで、風の
抵抗を受けやすくなったり、視覚が
増えることもあります。

また、車で外出をした際に車高の
制限で通れない道などもあるかも
しれません・・・(+o+)

まとめ

軽自動車のリフトアップにも
メリットもあればデメリットも
あることがお分かりいただけ
ましたか?

また、リフトアップしたからといって
全てが車検に引っかかるわけではない
ようですね。

リフトアップが車検に通る高さ

4センチ以内

リフトアップのメリットとデメリット

メリット
1.見た目に迫力がある
2.障害が多い道での走行がしやすくなる

デメリット
1.風の抵抗を受けやすくなる
2.視覚が増える
3.車高の制限で通れない道などがある

軽自動車に乗る際に家族だったり
友人などと一緒に出掛けることも
あるかもしれません。

その際に人も積載量として考え
られるかどうか考えてみたことは
ありますか?

⇒軽自動車の積載量の最大を調べてみた!人の重量も入るの?

これ、意外とあまり考えたことが
ないドライバーさんもいるのでは
ないでしょうか?

知らない人はぜひ、今回の記事と
併せて読んでみることをおすすめ
します。



車を売りたい人必見!後悔しない売却のコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。





車の買い替え!後悔しない探し方

車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。

※「非公開車両」とはネット上に出回らない条件の良いクルマです。
※「非公開車両」は公開車両の何倍もあると言われています。

もし公開車両を自分で探すと、

・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない
・自分で調べる手間が大幅にかかる
・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない

など悩みが尽きません。

しかし、「非公開車両」を扱う
「ズバット車販売」
なら申し込むだけで、

・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える
・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる
・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える

など、メリットがたくさん。
自分で時間をかけて選んた後から、
故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。

⇒ズバット車販売で非公開車両の詳細を確認する

車検

車の保険料を節約したい人必見!
車の保険に加入する人の80%が
『比較』をせずに決めています。

※車の査定は複数の業者間で
比較をせずに保険に加入すると
平均で25,000円も損をする
という調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・保険は種類が多く複雑で探すのが面倒
・知り合いにお願いされてそのまま加入した
・昔から使って変更の手続きが面倒だから

などの理由からではないでしょうか?

そんなあなたには
車保険の一括見積もりがオススメです。

・複数社で比較するから一番安く選べる
・安くなった分はプランの充実にまわせる
・無料でたった3分で申し込みができる
・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる

比較することで、平均で25000円以上
中には最大50000円お得になった
という声もあります。


⇒平均2.5万円お得になる無料見積もりの詳細を確認する

編集部 ドライブミニをフォローする

にほんブログ村 車ブログへ






ドライブミニ~軽自動車の専門サイト~