軽自動車に軽油を入れたらどうなる?故障するって本当?

最近になって聞くようになった
「軽自動車に軽油を入れて故障した」
といったトラブル。

自動車教習所では給油の仕方や
ガソリンの種類まで教わっていない!
「軽」自動車だから「軽」油じゃないの?
という方が増えてしまっているようです。

軽自動車に軽油は間違い!
ではガソリンと軽油の違いとは?
入れてしまったらどうなるの?という
疑問について解説していきます。

軽自動車に入れるガソリンと軽油の違いはなんなの?

軽自動車に入れるレギュラーガソリンと
ディーゼル車に入れる軽油。

名前が違うのは知られていますが、
どこが違うのかまでは浸透していません。

ガソリンも軽油も元は同じ石油です。
作り方も同じで、石油に含まれているガスや
ワックスなどの成分を分離させるために
加熱し、蒸留して作られています。

違いは、蒸留した蒸気の温度です。

ガソリンは30℃から230℃の間で発生する
蒸気によって作られます。
軽油は140℃から380℃で発生する蒸気
から採取されています。

より低い温度で蒸発するのがガソリン、
より高温高圧の場合に良く燃えるのが軽油
という違いがあるのです。

軽自動車に軽油を入れると勘違いしている人は意外に多い?

「軽」自動車だから「軽」油じゃないの?
という訴えはガソリンスタンドでも
多いようです。

たしかに、名前が似ているので
ややこしいといえばややこしいですよね。

免許取り立ての若い方だけでなく、
車に乗りなれているはずの
高齢者でも同じように勘違いしている
方が多くいらっしゃるようです。

軽自動車に軽油を入れたらダメなのはなぜ?入れるとどうなる?

ガソリンと軽油の違いで
ご説明したとおり、燃えやすい温度に
違いがあります。

エンジンはガソリンと空気を混ぜて
爆発させた力でピストンを動かします。

そのために必要となる温度が
大きく違うので、ガソリンエンジンは
燃料を爆発させるために大きな負荷を
かけなければなりません。

その結果、以下のような
不具合が生じます。

加速が鈍くなる

軽油の混ざったガソリンが
供給されると、エンジンの出力が
下がって加速が鈍くなります。

最初のうちはまだガソリンタンクに
ガソリンが残っていますが、
軽油を給油し続けてしまったら
給油の比率が上がっていきます。

軽油が多くなっていくと、
燃焼温度が違うため
必要な燃料を燃やすことが
できなくなっていきます。

エンジンから異音が発生する

「このガソリン爆発してくれない!」
というエンジンの心の叫びです。
エンジンからSOSを知らせる
異音がし始めます。

異音がひどくなるころには
手遅れの場合もありますので、
わずかな違和感でも、整備工場で
見てもらうことをおすすめします。

「ガラガラ」音が聞こえてきたり、
異常な振動がする場合は、すぐ
整備士に見てもらいましょう。

黒い排気ガスがでる

蒸発する温度の違いから、
エンジンの中で不完全燃焼を起こし
黒い排気ガスが出てきます。

こうなるともう後は
エンジンがかからなくなって
しまいます。

直ちに整備工場に
見てもらいましょう。

エンジンストップ

最終的にはエンジンが故障し
エンジンがかからなくなります。

エンジンがかからない状態になると
修理やエンジンの載せかえ、
車両の買い替えをすることに
なってしまいます。

軽自動車に間違って軽油を給油してしまったときの対処法は?

給油してしまった直後は
まだ間に合います!

エンジン内に軽油がいきわたる前に
対処することが大切です。

ステップ1.給油を中断する

「間違えた!」と思ったら
すぐに給油をとめましょう。

そして店員さんを呼び、
油種を間違えてしまったことを
告げてください。

ステップ2.軽油を抜く

店員さんに対応してもらい、
入れてしまった軽油を
ガソリンタンクから抜きます。

ステップ3.整備工場へ

間違って給油してしまったことを
整備工場に報告し、状態を確認
してもらいましょう。

ガソリンタンクを洗浄してもらいます。

間違っても、軽油だけを
入れた状態のまま
エンジンをかけたり
走行してはいけません。

軽自動車に軽油を入れて故障した場合の修理費の相場は?

軽油を入れたことにすぐに気づいて、
上記の手順をとった場合の修理費は
2~3万円ほどが相場となります。

そのまま走行し続けたり、
軽油を給油し続けると
エンジンの交換で30万円以上
かかってしまう場合もあります。

「安いから」という理由で軽油を
入れてしまったら、高額な修理費が
待っています。

軽自動車は軽油では壊れてしまう
ということをしっかり
覚えておきましょう。

まとめ

この記事では・・・

  • 軽油とガソリンは蒸気になる温度が違う
  • 軽油は高温高圧で燃焼されるので軽自動車のエンジンには負荷になる
  • 軽油を入れて走行を続けるとエンジンが壊れてしまう
  • 間違って軽油を入れてしまった場合はすぐにタンクの中身を入れ替える
  • エンジンが壊れると最大の修理費は30万円以上にもなる

という内容をご紹介しました。

ガソリンの種類を
間違いなく入れるだけでなく、
定期的なメンテナンスも
車にとっては必要です。

特に、劣化したエンジンオイルは
エンジンが壊れる原因にも
つながってしまうので、定期的に
交換する必要があります。

エンジンオイルの交換目安
についてまとめた記事も
ありますので参考にしてくださいね。

⇒軽自動車のオイル交換の頻度はどれくらい?どうやって判断すればいい?

「軽自動車に軽油は入れちゃダメ!」
これだけは覚えておきましょう。



車を売りたい人必見!後悔しない売却のコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。





車の買い替え!後悔しない探し方

車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。

※「非公開車両」とはネット上に出回らない条件の良いクルマです。
※「非公開車両」は公開車両の何倍もあると言われています。

もし公開車両を自分で探すと、

・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない
・自分で調べる手間が大幅にかかる
・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない

など悩みが尽きません。

しかし、「非公開車両」を扱う
「ズバット車販売」
なら申し込むだけで、

・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える
・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる
・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える

など、メリットがたくさん。
自分で時間をかけて選んた後から、
故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。

⇒ズバット車販売で非公開車両の詳細を確認する

コラム

車の保険料を節約したい人必見!
車の保険に加入する人の80%が
『比較』をせずに決めています。

※車の査定は複数の業者間で
比較をせずに保険に加入すると
平均で25,000円も損をする
という調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・保険は種類が多く複雑で探すのが面倒
・知り合いにお願いされてそのまま加入した
・昔から使って変更の手続きが面倒だから

などの理由からではないでしょうか?

そんなあなたには
車保険の一括見積もりがオススメです。

・複数社で比較するから一番安く選べる
・安くなった分はプランの充実にまわせる
・無料でたった3分で申し込みができる
・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる

比較することで、平均で25000円以上
中には最大50000円お得になった
という声もあります。


⇒平均2.5万円お得になる無料見積もりの詳細を確認する

編集部 ドライブミニをフォローする

にほんブログ村 車ブログへ






ドライブミニ~軽自動車の専門サイト~