軽自動車の人数の数え方を教えて!子供がいるときの人数制限は?

軽自動車でお出かけをするとき、
何人まで乗っていいのか
困ったときはないでしょうか?

また、子供たちは
どの人数に含まれるのか。

分かりませんよね。

乗車人数はもし破ってしまうと
違反ということになり
点数が減点されます。

それくらい重要なことになってくるので、
今回は軽自動車の人数制限、
またその人数の数え方などを
話していきたいと思います。

軽自動車の人数は最大何人まで乗車することができる?

軽自動車の人数は
最大何人まで乗ることが
できるのでしょうか。

乗車可能な人数は
基本的に車検証に載っています。

そして軽自動車には
最大で4人まで乗ることができます。

ダイハツのコペンなどの
2シーターの場合は異なってくることも
あるので注意が必要です。

軽自動車の人数の数え方が知りたい!大人と子供は違う?

軽自動車の人数の数え方は
どうやって数えるのでしょうか。

その数え方を見ていきます。

軽自動車の人数制限は4人です。

基本的にその4人というものは
大人で数えた場合です。

ただし子供の場合は異なってきます。

12歳未満の子供が乗る場合は、
3人までは大人二人として
カウントすることができるのです。

そのため人数でいうと、
最大で5人まで乗ることができますね。

軽自動車に乗せる場合の子供とみなされる年齢は?

軽自動車に乗せる場合、
子供とみなされる年齢は
いくつなのでしょうか。

子供とみなされる年齢は
12歳となります。

12歳未満なので厳密には
11歳までの子供限定です。

小学生までの子供と
考えたらわかりやすいですね。

中学生になると
大人とみなされます。

大きさ的にも
当然といったところでしょうか。

軽自動車に子供を乗せる場合の数え方を紹介!

軽自動車に子供を乗せる場合の
数え方についてみていきます。

子供を3人乗せる場合は
大人2人分として数えます。

したがって軽自動車には
最大で5人まで乗れるということになります。

しかし、このとき困るのが
シートベルトがないことです。

この時には、シートベルトの着用が
免除されると道路交通法で
決まっているので、
シートベルトを着用しなくても
問題はないということになります。

軽自動車に乗れる人数をオーバーすると違反になる?

軽自動車に載れる人数を
オーバーすると
それは違反になるのでしょうか。

車検証に記載された乗車定員を
超えた場合は定員外乗車となり、
違反点数として1点の加算と、
6000円の罰金となります。

点数や金額は乗車定員を超えた
人数や大人子供は関係なくこうなります。

軽自動車と他の車種の定員人数を比較してみた!

軽自動車の乗車人員は
4人ということがわかりました。

では、他の車種の定員人数
どうなるのでしょうか。

一般乗用車、コンパクトカー、
大型車の場合で比べていきます。

1.一般乗用車

軽自動車の乗車人数と比べて、
一般乗用車の場合は
どうなのでしょうか、
見ていきます。

普通乗用車の定員は
通常5名となっています。

しかしこれも車によっては、
少し異なってくるので、
車検証で確認するようにしましょう!

2.コンパクトカー

軽自動車の乗車人数と比べて、
コンパクトカーの場合は
どうなのでしょうか、
見ていきます。

コンパクトカーの場合の
定員は5人となっています。

普通乗用車と同じです。

また、子どもの定義も同じなので、
気を付けるようにしましょう。

3.大型車

軽自動車の乗車人数と比べて、
大型車の場合はどうなのでしょうか、
見ていきます。

大型車というと、バスまでを含む
表現になりますが、今回は主に
トラックを対象として話します。

トラックの場合はたいてい、
乗車定員が2人ということになっています。

しかしたまに子供を含めた
3人以上で乗っているのも
見かけると思います。

しかしそれは
道路交通法違反となっています。

大型トラックはダブルキャブや
トリプルキャブなどの
特別な状況を除いて、乗車定員2人と
なっているので親子3人で
トラックに乗ることは違法です。

 

まとめ

今回は軽自動車の
乗車定員についてみていきました。

案外、乗車定員に関しては
何となくで考えている人も
多いと思います。

また、長距離の運転など、
家族で出かけることも多い方は
その乗車定員もかなり重要となります。

4人の乗車定員ですが
それでも子供の年齢次第ですが、
家族5人とかでも旅行できる
ということを考えたら
そこまで不便はないですね。

近頃の軽自動車は
かなり室内も広くなっているので
これまでよりも快適に旅行できると思います。

また、軽自動車か
コンパクトカーとの比較は、
室内の広さという点では特に悩むと思います。

その比較に関しては、
次の記事で詳細を書いているので
よかったら参考にしてください!

⇒軽自動車とコンパクトカーどっちが良い?維持費や安全性など5つの項目で徹底比較

見落としがちの軽自動車の乗車定員。

破ってしまうとしっかりとした
違反なので注意して守るようにしましょう!



車を売りたい人必見!後悔しない売却のコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。





車の買い替え!後悔しない探し方

車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。

※「非公開車両」とはネット上に出回らない条件の良いクルマです。
※「非公開車両」は公開車両の何倍もあると言われています。

もし公開車両を自分で探すと、

・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない
・自分で調べる手間が大幅にかかる
・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない

など悩みが尽きません。

しかし、「非公開車両」を扱う
「ズバット車販売」
なら申し込むだけで、

・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える
・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる
・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える

など、メリットがたくさん。
自分で時間をかけて選んた後から、
故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。

⇒ズバット車販売で非公開車両の詳細を確認する

コラム

車の保険料を節約したい人必見!
車の保険に加入する人の80%が
『比較』をせずに決めています。

※車の査定は複数の業者間で
比較をせずに保険に加入すると
平均で25,000円も損をする
という調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・保険は種類が多く複雑で探すのが面倒
・知り合いにお願いされてそのまま加入した
・昔から使って変更の手続きが面倒だから

などの理由からではないでしょうか?

そんなあなたには
車保険の一括見積もりがオススメです。

・複数社で比較するから一番安く選べる
・安くなった分はプランの充実にまわせる
・無料でたった3分で申し込みができる
・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる

比較することで、平均で25000円以上
中には最大50000円お得になった
という声もあります。


⇒平均2.5万円お得になる無料見積もりの詳細を確認する

編集部 ドライブミニをフォローする

にほんブログ村 車ブログへ






ドライブミニ~軽自動車の専門サイト~