軽自動車の塗装の塗り替え!かかる費用の相場はどれくらい?

マイカーを好きな色に
塗り替えてイメージを変えたい。

キズや塗装の剥げが
目立つようになってきたので
全塗装で新車のように戻したい。

そんな車の全塗装って
どれくらい費用がかかるのか?

また、自分でDIYすることもできるのか?

そんな軽自動車の全塗装の話を紹介します。

 軽自動車の塗装の塗り替えにかかる費用はどれくらい?


出典 https://pixabay.com/

1.オートバックス・イエローハットの場合

カー用品店のオートバックスや
イエローハットも板金・塗装のサービスを
はじめたようですが、
あくまでもキズ・ヘコミの修理のようで、
項目の中に全塗装の文字はありません。

店舗によっては
やっているのかも知れませんが、
その場合でも請負の板金工場に
依頼しているのだと思われます。

2.専門業者

全塗装を依頼した場合にかかる費用の相場

  • 軽自動車:約9万円
  • 普通自動車:約10万円
  • 3ナンバー車&RV車:約12万円
  • メタリック塗装:上記の値段の約1.2
  • パール塗装:上記の値段の約1.3

上記は比較的安価な
板金塗装の業者の場合の価格です。

塗り替えの費用は、
店舗や塗装の種類によって
大幅に価格が変わります。

価格は車種によって変わりますが、
基本的に車体が大きくなるほど、
本来の車体価格が高い車ほど
塗り替え費用は高くなります。

費用のおおまかな内訳は
パーツ分解・下地処理・研磨・
塗装・クリアコートとなっています。

また、凹みや腐食がある場合には
追加で相応の費用がかかります。

極端に価格の安い店だと、
パーツ分解を行わずに見える部分だけ塗る
などの、手抜きをされる場合がある
ので注意が必要です。

まずは、車を持ち込んで、
見積もりを取ってみることをおすすめします。

軽自動車の塗装の塗り替えはDIYでも可能?費用も紹介


出典 https://pixabay.com/

自分で全塗装する場合の方法と費用

1.スプレーガンで全塗装

まずスプレーガン、エアコンプレッサー、
エアホースやエアフィルターなどの
機材を用意する必要があります。

その費用は安く見ても23万円程。

さらに塗料代
パテ、サーフェーサー、ベース色、
シンナー、クリアー、硬化剤などで約
2万円。

メタリックやパールの場合は
その塗料代も加わって
3万円程になります。

下地処理用の脱脂剤やサンドペーパー、
コンパウンド、マスキングテープなどの消耗品、
調色用カップ、ストレーナー、
防毒(塗装作業用)マスクなども
必要になります。

2.缶スプレーで塗装

手っ取り早く安く済ませるには、
カーショップやホームセンターで
売られている車用缶スプレーで
塗る方法もありますが、
あまりお勧めはできません。

確かに、
費用的には缶スプレーが
2030
であれば
23万円ほどで済みますし、
自分で施工するため工賃もかかりません。

しかし、
缶スプレーは狭い面積を応急的に
塗装するためのもので、
全塗装用として使うのは無理があるようです。

艶や強度は刷毛塗りのペンキよりも弱く、
ムラだらけの仕上がりになり、
耐久性もあまりありません。

3.その他の塗装方法

最近、マットカラー(艶消し色)の車が
トレンドとなっているのをご存知でしょうか?

ムラやスジが目立ちにくいマットカラーを、
ローラーと刷毛を使って塗ってしまおう
という
DIYキットが販売されています。

初心者でも簡単にペイントができるよう、
ペイントとローラーや刷毛など必要なものが
セットになっており、軽自動車クラス用は
15,000円~買うことができます。

マットカラーは
軍用車的なイメージに仕上がるので、
好き嫌いが分かれるでしょうが、
エアコンプレッサーやスプレーガンも必要なく、
費用も安く抑えられます。

軽自動車の塗装は業者とDIYのどちらがいいの?


出典 https://pixabay.com/

自分で車の塗装をする場合に、
最も重要なのは作業ができる
「場所」ではないでしょうか。

まず、近隣への迷惑をかけない事が大前提
となります。

必要な場合は周辺に声をかけるなど、
苦情を受けないように注意する事も大切です。

塗料のミストは広範囲に飛散し、
匂いや毒性もあります。

また車などに付着するとなかなか落ちません。

下地処理から工程通りに進めて、
乾燥までの間は車は動かせません。

自宅に屋根付きの駐車場があっても、
雨や風それから太陽光に湿気など、
作業の障害になる条件を完全にクリアするのは、
かなり難しいかも知れません。

そういう場合は塗装作業が可能な
レンタルガレージを借りるなどの方法を
取ったほうが良いと思われます。

塗り替えをした車は、
売却するときに買取価格が
大幅に下がってしまうので、
そこでかなりマイナスになります。

そのことも考慮に入れておきましょう。

 

まとめ


出典 https://pixabay.com/

お気に入りの車で、
まだ何年も乗り続ける気があるのなら、
塗り替えを考えても良いと思いますが、
そうでないなら好きな色の新車に
買い替えたほうが得かも知れません。

古い車を好きな色に塗り替えるか、
新車で好きな色を選ぶか、
長期的に考えて損がない方法を選びましょう。

また、業者に依頼した場合とDIYした場合を
比較した記事をこちらでも書いております。

⇒車の全塗装の値段の相場!業者に依頼する場合とDIYした場合を比較!

ぜひ閲覧ください♪



車を売りたい人必見!後悔しない売却のコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。





車の買い替え!後悔しない探し方

車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。

※「非公開車両」とはネット上に出回らない条件の良いクルマです。
※「非公開車両」は公開車両の何倍もあると言われています。

もし公開車両を自分で探すと、

・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない
・自分で調べる手間が大幅にかかる
・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない

など悩みが尽きません。

しかし、「非公開車両」を扱う
「ズバット車販売」
なら申し込むだけで、

・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える
・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる
・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える

など、メリットがたくさん。
自分で時間をかけて選んた後から、
故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。

⇒ズバット車販売で非公開車両の詳細を確認する

カスタム

車の保険料を節約したい人必見!
車の保険に加入する人の80%が
『比較』をせずに決めています。

※車の査定は複数の業者間で
比較をせずに保険に加入すると
平均で25,000円も損をする
という調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・保険は種類が多く複雑で探すのが面倒
・知り合いにお願いされてそのまま加入した
・昔から使って変更の手続きが面倒だから

などの理由からではないでしょうか?

そんなあなたには
車保険の一括見積もりがオススメです。

・複数社で比較するから一番安く選べる
・安くなった分はプランの充実にまわせる
・無料でたった3分で申し込みができる
・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる

比較することで、平均で25000円以上
中には最大50000円お得になった
という声もあります。


⇒平均2.5万円お得になる無料見積もりの詳細を確認する

編集部 ドライブミニをフォローする

にほんブログ村 車ブログへ






ドライブミニ~軽自動車の専門サイト~