軽自動車の保管場所届出をしないと罰則?期限はいつまで?

軽自動車を新しく購入した場合や
転居して車庫が変わる場合、
警察署に車庫証明の
申請をしなくてはいけません。

しかし、保管場所届出を
出し忘れてしまって
うっかりした場合どうなるのでしょうか。

いつまでに出すのか、
もし出さなかったらどうなるのか、
罰則はないのか見ていきたいと思います。

軽自動車の保管場所提出って?車庫証明申請とは違うの?

軽自動車の保管場所提出とは
どういうことなのでしょうか?

車庫証明申請とは
どう違うのでしょうか。

見ていきます。

よく聞く車庫証明の正式名称は、
「自動車保管場所申請書」です。

そして、保管場所提出の正式名称は
「自動車保管場所届出書」です。

名前は似ていますが、役割が違います。

自動車保管場所証明申請書は、
自動車の車庫証明を
取得する場合に使用する用紙です。

証明書と、標章が交付されるまでの
期間は5日ほどかかります。

自動車保管場所届出書は
受理するだけです。

その当日に標章がもらえます。

軽自動車の場合は、
届出書だけで大丈夫です。

 

軽自動車の保管場所届出をしないと罰則があるって本当?

では、その軽自動車の保管場所提出を
しなかった場合どうなるのでしょうか。

軽自動車の保管場所の提出をせず、
また、虚偽の届け出をした場合は
10万円以下の罰金に科せられます。

また、軽自動車の保管場所が
変更となった場合もその旨の届け出が
必要になりますが、この届出を
怠った場合も10万円以下の罰金に科せられます。

その申請は、
15日以内に提出しないといけません。

軽自動車の保管場所届出はどこで手続きすればいいの?

軽自動車の保管場所届出は
どこで手続きをすればいいのでしょうか。

届出書はその管轄の警察署に提出します。

そこで必要書類を記入して、
届出書を出せば、その場で標章がもらえます。

 

軽自動車の保管場所届出するのに必要な書類は?

軽自動車の保管場所届出書を提出するのに
必要な書類は何なのでしょうか。

必要な書類は主に、5つあります。

 

・自動車保管場所届出書

・自動車保管場所標章交付申請書

・保管場所使用権原疎明書面

・保管場所の所在図、配図

・使用の本拠の位置を確認する書面

 

1.自動車保管場所届出書

軽自動車の保管場所届出に必要な書類の
1つ目として、
自動車保管場所届出書があります。

この書類は、車庫の届出の際に
その旨を届け出るための届書、
そして基本的には
保管場所標章交付申請書も
ワンセット
になります。

2.自動車保管場所標章交付申請書

軽自動車の保管場所届出に必要な書類の
2つ目として、
自動車保管場所標章交付申請書があります。

この書類は、車庫の届出の際に
その旨を届け出るために必要な書類です。

直後に受け取れる標章のために必要です。

3.保管場所使用権原疎明書面(自認書)

軽自動車の保管場所届出に必要な書類の
3つ目として、
保管場所使用権原疎明書面があります。

この書類は、届出の際に
その車庫とする土地、
および土地含む建物等が
自己所有地であることを証明する
書面となります。

4.保管場所の所在図・配図

軽自動車の保管場所届出に必要な書類の
4つ目として、
保管場所の所在図・配図があります。

この書類は車庫の位置
(保管場所の地図、自宅周辺地図、
保管場所スペースなどの見取り図)
などの明細を記入します。

この書類は所轄の警察署で
無料でもらえます。
また、各都道府県の
警察署ホームページより
ダウンロードもできます。

5.保管場所使用承諾証明書

軽自動車の保管場所届出に必要な書類の
5つ目として、
保管場所使用承諾証明書があります。

この書類は車庫の届出の際に、
その車庫の土地や土地を含む建物などが
他社所有地であり、かつその土地所有者等から
使用承諾を得ている
ということを証明する書面となります。

 

軽自動車の保管場所届出をする期限はいつまで?

軽自動車の保管場所届出の期限は
変更してからいつまでの期間に
行わないといけないのでしょうか。

届出書は変更してから
15日間の間に行わないと、
罰せられる可能性があります。

したがって、15日以内には
所轄の警察署に行って届書を出し、
標章をもらうようにしましょう。

 

軽自動車の保管場所届出の期限が過ぎてしまったら?

軽自動車の保管場所届出の期限が
過ぎてしまったら
どうしたらいいのでしょうか。

15日間を過ぎた場合でも、
ある程度はアバウトに見てもらえます。

1か月ほどは大丈夫という声が多いです。

しかし、この期限を判断するのは運輸支局です。

期限を過ぎて持っていきたい場合は、
まず運輸局に電話して
期限を過ぎているけども出して
大丈夫なのか確認しましょう。

もし、この期限を過ぎてしまった場合は
警察署にもう一度行って
発行申請をし直すことが必要になります。

面倒なのでしっかりと
期限内に行くようにしましょう。

 

まとめ

今回は軽自動車の
保管場所届出について話してきました。

結構、忘れがちで
うっかりとしてしまって
出していないということもあります。

忘れがちといえば、
軽自動車を引越しした時に
行う手続きも忘れがちになります。

それについては次の記事で詳細を書いているので
よかったら参考にしてみてください!

⇒軽自動車の引越し手続きの方法!手続きをしないとどうなる?

忘れたままにしてしまうと、
罰則に科せられてしまうことがあります。

したがって思い出したら一刻も早く
警察署に行って申請を
行うことをおすすめします。



車を売りたい人必見!後悔しない売却のコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。





車の買い替え!後悔しない探し方

車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。

※「非公開車両」とはネット上に出回らない条件の良いクルマです。
※「非公開車両」は公開車両の何倍もあると言われています。

もし公開車両を自分で探すと、

・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない
・自分で調べる手間が大幅にかかる
・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない

など悩みが尽きません。

しかし、「非公開車両」を扱う
「ズバット車販売」
なら申し込むだけで、

・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える
・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる
・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える

など、メリットがたくさん。
自分で時間をかけて選んた後から、
故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。

⇒ズバット車販売で非公開車両の詳細を確認する

事務手続き

車の保険料を節約したい人必見!
車の保険に加入する人の80%が
『比較』をせずに決めています。

※車の査定は複数の業者間で
比較をせずに保険に加入すると
平均で25,000円も損をする
という調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・保険は種類が多く複雑で探すのが面倒
・知り合いにお願いされてそのまま加入した
・昔から使って変更の手続きが面倒だから

などの理由からではないでしょうか?

そんなあなたには
車保険の一括見積もりがオススメです。

・複数社で比較するから一番安く選べる
・安くなった分はプランの充実にまわせる
・無料でたった3分で申し込みができる
・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる

比較することで、平均で25000円以上
中には最大50000円お得になった
という声もあります。


⇒平均2.5万円お得になる無料見積もりの詳細を確認する

編集部 ドライブミニをフォローする

にほんブログ村 車ブログへ






ドライブミニ~軽自動車の専門サイト~