軽自動車の廃車の手続きに必要な書類は?書き方もあわせて解説!

乗らなくなってしまった軽自動車や
壊れてしまって修理ができない
軽自動車に行う抹消手続き

必要書類が多く難しそうな
イメージですよね。

今回はその廃車・抹消手続きに
ついて解説していきます。

軽自動車の廃車の手続きは普通車と方法が違うって本当なの?

軽自動車と普通車では、
手続きの名称と
手続きを行う場所が異なります。

軽自動車の廃車手続きは
各都道府県にある
軽自動車検査協会で行います。

普通車の廃車手続きは
管轄の陸運支局で行います。

手続きの内容はほぼ同じです。

軽自動車の廃車の手続き「一時抹消」「永久抹消」の違いは?

一時抹消と呼ばれる
「自動車検査証返納届」
(一時使用中止)。

そして永久抹消と呼ばれる
「解体返納」「解体届け」

まずはこの違いからご説明します。

1.一時抹消

一時抹消は、車検証と
ナンバープレートを返納し、
車体は手元に残しておける
廃車手続きです。

長期間乗る予定がないけれど、
いざとなったら車検を
取得してまた乗りたい
というときに行います。

手元においておきたい
プレミアの付いた車体を
保管しておくときなどにも
使われます。

車体は残しておくことができますが
自動車税が発生しないのが
この手続きのメリットです。

ただし、すでに支払った
自動車税は戻ってきません。

4月1日時点で登録されている車両に
自動車税が課税されますので、
4月に手続きをすると1年分の
自動車税を損してしまいます。

自賠責保険は
保険期間が残っている場合は
保険料が返金されます。

2.永久抹消

永久抹消は、その名のとおり
永久に使えなくなる手続きです。

この手続きは、解体業者による
解体完了の報告を受けてから
でないと手続きできません。

物理的に車体が解体されているので
二度とその車を使うことは
できません。

解体返納は、使用していた車を
解体し、抹消する手続き。
解体届けは、一時抹消していた車を
解体したときに行う手続きです。

永久抹消の際は、
車検が1ヶ月以上残っている場合
自動車重量税の還付があります。

一時抹消同様、自賠責保険の
保険料も返金されます。

軽自動車の廃車の手続きに必要な書類にはどんなものがある?

それでは、軽自動車の廃車
手続きに必要な書類を
ご紹介していきましょう。

一時抹消の場合

まずは、軽自動車の使用を
一時的に中止する
一時抹消の手続きに必要な
書類からご説明します。

1.車検証

出展:https://www.keikenkyo-faq.jp/

まずは抹消登録をする車検証です。

こちらはコピーでは手続きできないので

必ず原本を持参してください。

2.ナンバープレート(前後2枚)

車体についている前後の
ナンバープレートを
はずして返納します。

軽自動車には封印がないので、
ドライバーや10ミリのスパナ等で
簡単に取り外せます。

ナンバーを紛失してしまった場合は
別途、ナンバー紛失の理由を書く
車両番号標未処分理由書の
提出が必要になります。

3.所有者の認印

車検証の「使用者」欄に記載されている
方の印鑑が必要です。

自動車検査証返納証明証交付申請書や
申請依頼書に捺印するために必要です。

4.自動車検査証返納届出書

出展:https://www.keikenkyo-faq.jp/

こちらは手続き当日に
軽自動車検査協会にて
入手できます。

記入箇所は下記のとおりです。

  • 車両番号(鉛筆で記入)
  • 車台番号(鉛筆で記入)
  • 申請者・所有者の氏名、住所(ボールペンで記入)
  • 申請年月日(ボールペンで記入)
  • 手続き内容(レ点チェック)

5.軽自動車税申告書

こちらも当日軽自動車検査協会で
入手することができます。

永久抹消の場合

次に、軽自動車を完全に廃車にし
二度と使えないようにする
永久抹消の必要書類
ご説明します。

1.車検証

出展:https://www.keikenkyo-faq.jp/

一時抹消と同様、永久抹消でも
車検証の原本が必要です。

2.ナンバープレート(前後2枚)

一時抹消と同様に
前後2枚のナンバープレートを
はずして返却します。

3.リサイクル券

出展:https://annai-center.com/

リサイクル券は、リサイクル料が
正しく納められているかを
確認する為の証明書です。

車検証入れなどに、
車検証・自賠責保険証と一緒に
保管されている方が
ほとんどだと思います。

こちらも原本が必要です。

4.解体届出書

申請内容を記入する用紙です。
こちらも当日入手できます。

車両番号、車台番号を車検証を
見て記入し、
使用者・申請者の氏名・住所を記載します。

5.軽自動車税申告書

こちらも当日軽自動車検査協会で
入手することができます。

6.使用者・所有者の認印

解体届出書に捺印するために
必要ですので必ず持参しましょう。

7.使用済自動車引取証明書

こちらは解体を依頼した
引き取り業者から受け取ります。

この証明書がないと、
車の解体を証明できず
手続きができませんので
ご注意ください。

軽自動車の廃車の手続きにかかる費用はいくらになる?

一時抹消、永久抹消にかかる費用は
下記のとおりです。

一時抹消

350円

永久抹消

無料

永久抹消の場合、手続き費用は
無料ですが、解体に10,000円
前後の費用が別途かかります。

廃車にするしかない軽自動車は買取できる?廃車予定や事故車も0円以上!

実は、廃車にするしかない状態の
故障車・事故車も買取を行っている
業者は存在します。

費用を支払って大変な手続きを
踏まなくても、買取に出してしまえば
手続きも簡単でお金になるんです。

買い取り価格は車両の状態や
車種によりますが、どんなに
安くても、値段をつけてくれます。

廃車しようか悩んでいるお車があれば、
こちらの「カーネクスト」
査定を依頼してみてはいかがでしょうか?

⇒カーネクストに査定を依頼する

まとめ

この記事では・・・

  • 軽自動車と普通車の廃車手続きの違い
  • 一時抹消と永久抹消の違い
  • 一時抹消と永久抹消に必要な書類と書き方
  • 抹消手続きに必要な費用
  • 廃車予定の車も買取に出せる!

という内容をご紹介しました。

愛車を手放す方法は
下取りや買取、抹消とさまざまです。

さらに、手放す理由も
買い替えや維持費などさまざまですよね。

もし維持費が原因で愛車を手放すことを
考えている方は、任意保険を
見直してみませんか?

任意保険は保険会社によって
金額が変わります。

いまより保険料の安い任意保険に
切り替えることで、愛車を
廃車にしなくて済むかもしれません。

保険料を比較した記事がありますので
こちらを参考にしてみてくださいね。

⇒軽自動車の保険を各社で比較してみた!会社によってどれほど差がある?

愛車との別れの手続き廃車。
いままで一緒に走った思い出だけは
なくさないでくださいね。



車を売りたい人必見!後悔しない売却のコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。





車の買い替え!後悔しない探し方

車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。

※「非公開車両」とはネット上に出回らない条件の良いクルマです。
※「非公開車両」は公開車両の何倍もあると言われています。

もし公開車両を自分で探すと、

・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない
・自分で調べる手間が大幅にかかる
・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない

など悩みが尽きません。

しかし、「非公開車両」を扱う
「ズバット車販売」
なら申し込むだけで、

・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える
・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる
・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える

など、メリットがたくさん。
自分で時間をかけて選んた後から、
故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。

⇒ズバット車販売で非公開車両の詳細を確認する

事務手続き

車の保険料を節約したい人必見!
車の保険に加入する人の80%が
『比較』をせずに決めています。

※車の査定は複数の業者間で
比較をせずに保険に加入すると
平均で25,000円も損をする
という調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・保険は種類が多く複雑で探すのが面倒
・知り合いにお願いされてそのまま加入した
・昔から使って変更の手続きが面倒だから

などの理由からではないでしょうか?

そんなあなたには
車保険の一括見積もりがオススメです。

・複数社で比較するから一番安く選べる
・安くなった分はプランの充実にまわせる
・無料でたった3分で申し込みができる
・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる

比較することで、平均で25000円以上
中には最大50000円お得になった
という声もあります。


⇒平均2.5万円お得になる無料見積もりの詳細を確認する

編集部 ドライブミニをフォローする

にほんブログ村 車ブログへ






ドライブミニ~軽自動車の専門サイト~