軽自動車の税金はいくら?種類も一覧で紹介!

これから軽自動車を購入しようと
考えている方に、軽自動車の税金には

どんな種類があり、その金額はいくらなのか、
また普通車と比べて
どれくらいの違い
があるのかを紹介します。

※エコカー減税対象車や、
重課税率対象車(13年を経過)
また商用車についてはそれぞれに
税金の
金額が変わってくるので、

今回は一般的な乗用の軽自動車を
新車で購入する場合とし、

比較する普通自動車とは
コンパクトカー(1500cc/1.5
t以下)
での説明となります。

軽自動車の税金はいくら?どんな種類がある?

軽自動車を購入するときに必要となる税金は

  • 軽自動車税
  • 自動車重量税
  • 自動車取得税

3種類です。

税金はいくらなのかも説明していきます。

 1.軽自動車税(自動車税)

  • 毎年1回、4月1日時点での所有者が
    市町村に納める税金です。
  • 軽自動車:年額10,800円
  • 普通自動車:年額34,500円

※自動車税は41日時点での所有者に
課税されますので、

42日以降に車を購入すれば
翌年
3月末までの約1年間は
自動車税を払わなくて済むことになります。

 2.  自動車重量税

  • 自動車重量税は車の重さに対して
    かかる税金で、新車購入時に
    3年分、
    継続車検時には
    2年分を納めます。

普通乗用車は車の重さによって
税額が変わりますが
軽自動車は
車両の重さに関係なく
税額は一律です。

  • 軽自動車:年額3,300
  • 普通自動車:年額12,300

3.  自動車取得税

  • 自動車取得税は、その名の通り
    自動車を取得(購入)したときにだけ
    かかる税金です。
  • 軽自動車:取得価格の2パーセント
  • 普通自動車:取得価格の3パーセント

※取得価格とは、
「車両本体価格+オプション価格」
9
割相当額となっています。

このオプション価格というのは、
カーナビやオーディオなどの
車に取り付けられている装備のことで、
これらも取得価格の対象となります。

高価なオプションは車両本体を
購入したあとに取り付けると、
自動車取得税を安くすることができ
初期コストを抑えることができます。

※最近の軽自動車の新車価格としては
あり得ないと思いますが、
取得価格が50
万円を超えない場合は、
対象外となり自動車取得税はかかりません。

軽自動車の税金はどうやって支払えばいいの?

軽自動車税(自動車税)の納め方

毎年41日時点での車の所有者には
4月末から5月上旬ころまでに
自動車税の「納税通知書」が届きます。

納税期限は通知書に書いてありますが、
ほとんどの場合「
5月末」までとなっています。

自動車税の支払い方法は
以下の
3つがありますのでご説明します。

1. 現金で支払う

銀行や郵便局などの金融機関の窓口や
コンビニで支払うことができます。

支払いを済ませると、
領収印を押した「領収証書」がもらえます。
車検の時など必要になりますので、
捨てずに保管しておいてください。

2. Pay-easy(ペイジー)で支払う

ネットバンキングやATMから
支払うことができる
Pay-easy(ペイジー)」
を利用することも可能です。

ペイジーは24時間365日いつでも
利用することができ、
窓口に並んだりする必要もありません。

しかも、手数料がかからない
簡単で便利な支払い方法です。

3. クレジットカードで支払う

自動車税はクレジットカード払いで
納付することも可能です。

「ポイントを貯めたい」という人は
クレジットカード払いを選ぶのも
ひとつの手ではないでしょうか。

ただし、クレジッドカードで
自動車税を納付する場合、
手数料がかかってしまうので
注意しましょう。

軽自動車の税金と普通自動車はどれくらい金額に差があるの?

軽自動車と普通自動車とでは
1年間の税金額にどれくらいの差が
あるのでしょうか?

  • 軽自動車:自動車税10,800+自動車重量税2,500円=計13,300
  • 普通自動車:自動車税34,500+自動車重量税7,500円=計42,000

1年間だけでも金額にもかなりの差が
あることがわかりますね。

新車購入から3年後(その後は2年毎)には
車検を受けなければなりませんが、
その際の軽自動車と普通自動車、
それぞれの費用の相場は
いくらくらいでしょうか。

重量税(2年分)、自賠責保険料(24ヶ月)
検査手数料(印紙代)の法定費用に
車検基本料金や整備費用などを加えて、

  • 軽自動車:約7万円
  • 普通自動車:約10万円

この価格はディーラーで車検を受ける場合に、
部品交換費用を除いた車検費用
おおよその目安です。

車検専門フランチャイズ店、民間整備工場、
カー用品店、ガソリンスタンドなど
車検業者によって、かなり金額が変わります。

まとめ

普通車と軽自動車では、
税金や車検費用だけを見ても
かなりの差がありますが、

ガソリン代やタイヤ・消耗品など
維持費の面を考えると、
さらに大きな差が生じることになります。

経済性から見ると
軽自動車のほうが圧倒的に有利ですね。

しかし、普通自動車には
軽自動車にはない大きなメリットもあります。

乗り心地の快適さや運転で疲れにくいこと、
車内の広さや静粛性などは
圧倒的に普通自動車に軍配が上がります。

普通自動車の最大のメリットは、
何といってもその安全性でしょう。

軽自動車は一昔前に比べると、
格段に改善されているとはいえ、
やはり衝突時のダメージが普通自動車より
はるかに大きいことは否めません。

以上、述べてきましたように、
普通車と軽自動車には、
それぞれにメリット・デメリット
がありますので、
車を購入の際の参考にしてください。

また、別記事では
車検の値段について徹底調査しました!

⇒【徹底調査】車の車検の値段!税金を踏まえた相場金額とは?

ぜひ読んでみてください。



車を売りたい人必見!後悔しない売却のコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。





車の買い替え!後悔しない探し方

車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。

※「非公開車両」とはネット上に出回らない条件の良いクルマです。
※「非公開車両」は公開車両の何倍もあると言われています。

もし公開車両を自分で探すと、

・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない
・自分で調べる手間が大幅にかかる
・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない

など悩みが尽きません。

しかし、「非公開車両」を扱う
「ズバット車販売」
なら申し込むだけで、

・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える
・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる
・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える

など、メリットがたくさん。
自分で時間をかけて選んた後から、
故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。

⇒ズバット車販売で非公開車両の詳細を確認する

税金

車の保険料を節約したい人必見!
車の保険に加入する人の80%が
『比較』をせずに決めています。

※車の査定は複数の業者間で
比較をせずに保険に加入すると
平均で25,000円も損をする
という調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・保険は種類が多く複雑で探すのが面倒
・知り合いにお願いされてそのまま加入した
・昔から使って変更の手続きが面倒だから

などの理由からではないでしょうか?

そんなあなたには
車保険の一括見積もりがオススメです。

・複数社で比較するから一番安く選べる
・安くなった分はプランの充実にまわせる
・無料でたった3分で申し込みができる
・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる

比較することで、平均で25000円以上
中には最大50000円お得になった
という声もあります。


⇒平均2.5万円お得になる無料見積もりの詳細を確認する

編集部 ドライブミニをフォローする

にほんブログ村 車ブログへ






ドライブミニ~軽自動車の専門サイト~