軽自動車のホイールの締め付けトルクの目安は?きつく締めすぎは危険?

軽自動車のホイールの締め付けトルクの
目安を知っているでしょうか。

タイヤの交換は
簡単そうに見えて車体を
支える部分でもあり
非常にデリケートです。

特にホイールの締め付けトルクの
目安はとても重要で、
きつく締めたらいい
というものでもなく、
緩すぎてもいけません。

今回はその軽自動車のホイールの
締め付けトルクの目安であったり、
どう締めたらいいのか
話していこうと思います。

軽自動車のホイールの締め付けトルクの目安は何キロなの?

軽自動車のホイールの
締め付けトルクの目安は
何キロなんでしょうか。

みていきます。

ネジにはこのくらいの力で
締め付けましょう。

という規定トルクが指定されています。

軽自動車の場合は、
8~10キロくらいとなっています。

しかしそれでも車種によって
少し異なってくることも
あるのでしっかりと
確認することが重要となります。

軽自動車のホイールと普通車の締め付けトルクの目安は違うの?

軽自動車のホイールと、
普通車の締め付けトルクの
目安は違うのでしょうか。

普通車の場合は、
10~12キロとなります。

軽自動車の倍よりも
少し重めの設定となっています。

それでもそこまで差はないので
普通車だからだと
重くしすぎるのは危険です。

軽自動車のホイールをきつく締めすぎるとなにが危険なの?

軽自動車のホイールを
きつく締めすぎると
何が危険なのでしょうか。

危険な要素として主に
3つありますのでそれぞれ分けて
一つずつ見ていきます。

1.ネジ山が潰れる

軽自動車のホイール
きつく締めすぎるとネジ山が
潰れるということがあります。

ナットをきつく締めすぎると、
ネジ山が潰れてしまい、
もう回すことができなく
なってしまいます。

そうなってしまうと
かなり面倒なことになりますので
そうならないように気を付けましょう。

2.ボルトが折れる

軽自動車のホイールを
きつく締めすぎると
ボルトが折れてしまいます。

きつく締めることによって
かなりの力がかかります。

その時にボルトが折れる
ということが多く発生しています。

しっかりと
折れないようにしましょう。

3.脱輪の原因になる

軽自動車のホイールを
きつく締めすぎると
脱輪の原因になります。

ナットをしめつきすぎると
ボルトにはナット側に
引っ張られる力が加わります。

引っ張られたボルトは
元に戻ろうとして
ナットを圧縮します。

引っ張られる力と圧縮する力の
バランスが取れていることが
適正なトルクの状態です。

引っ張られる力が強ければ強いほど、
元に戻ろうとする力も大きくなり、
その結果緩んでしまい
脱輪の原因になります。

軽自動車のホイールを自分できつく締め付ける人は意外に多い?

軽自動車のホイールを
自分で絞めるとき、
締め付けトルクをきつく
締めすぎる人は意外と多いのでしょうか。

きつく締めることでの
デメリットを知らない人は
とても多いです。

そのため、きつく締めることが
一番だと考えてしまいその結果、
きつく締める人が多いのです。

軽自動車のホイールの締め付けが緩くても大きな事故に!

軽自動車のホイールの締め付けが
緩くても良いのでしょうか?

ゆるかったらそれは事故に
つながってしまうのでしょうか。

締め付けが緩いと
そのタイヤやナットが
外れるという危険性があります。

そうなってしまって
大事故につながってしまいます。

きつすぎてもいけませんし、
緩すぎてもいけません。

気を付けましょう。

軽自動車のホイールの締め付け作業はプロに任せるべき?

軽自動車のホイールの
締め付け作業はプロに任せたほうが
いいのでしょうか。

安全面を見れば確実に
プロに任せた方が良いのは
間違いないです。

しかし価格面を見ると、
業者に任せるとかなりの
お金がかかるのでそれが嫌な人は
自分で行うことをおすすめします。

しっかりと知識があれば、
ホイールの交換自体は
難しいことではないので、
認識したうえで行うようにしましょう。

業者に頼んだ場合の費用は
次の記事で詳細を書いているので
よかったら参考にしてみてください!

⇒軽自動車のタイや交換の費用はいくら?自分で交換する方法も紹介!

業者に頼んでも
安く済ませる方法もあるので
ぜひ確認してみてください!

まとめ

今回は軽自動車のホイールの
締め付けトルクの目安や、
きつく締めると
どうなのかについてみてきました。

やはりタイヤは自動車の命の
部分でこの交換を適当に
行ってしまうと命の危機になります。

したがってしっかりと、
タイヤの交換はきつく締めすぎず、
緩すぎずを意識しましょう。

てっきりタイヤはきつく締めたら
いいと思ってましたよね。

私も思っていました。

しっかりしめたほうが危険はないと。

きつく締めると、
いいことはありません。

ホイールの交換はデリケートな
部分なので締め付けトルクの
目安も意識しながら交換しましょう!



車を売りたい人必見!後悔しない売却のコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。





車の買い替え!後悔しない探し方

車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。

※「非公開車両」とはネット上に出回らない条件の良いクルマです。
※「非公開車両」は公開車両の何倍もあると言われています。

もし公開車両を自分で探すと、

・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない
・自分で調べる手間が大幅にかかる
・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない

など悩みが尽きません。

しかし、「非公開車両」を扱う
「ズバット車販売」
なら申し込むだけで、

・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える
・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる
・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える

など、メリットがたくさん。
自分で時間をかけて選んた後から、
故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。

⇒ズバット車販売で非公開車両の詳細を確認する

メンテナンス

車の保険料を節約したい人必見!
車の保険に加入する人の80%が
『比較』をせずに決めています。

※車の査定は複数の業者間で
比較をせずに保険に加入すると
平均で25,000円も損をする
という調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・保険は種類が多く複雑で探すのが面倒
・知り合いにお願いされてそのまま加入した
・昔から使って変更の手続きが面倒だから

などの理由からではないでしょうか?

そんなあなたには
車保険の一括見積もりがオススメです。

・複数社で比較するから一番安く選べる
・安くなった分はプランの充実にまわせる
・無料でたった3分で申し込みができる
・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる

比較することで、平均で25000円以上
中には最大50000円お得になった
という声もあります。


⇒平均2.5万円お得になる無料見積もりの詳細を確認する

編集部 ドライブミニをフォローする

にほんブログ村 車ブログへ






ドライブミニ~軽自動車の専門サイト~